受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 聖光学院中学校

心の支え

T.Mくん

 サピックスに入室して初めて教室に入ったとき、ぼくはとても緊張していた。でも、隣りの人が話しかけてくれて、思ったよりとても親しみやすかったので、その緊張はどこかへいってしまったように感じられた。最初は授業の内容になかなかついていけず、大変だった。それでも、時が経つにつれ、だんだんとついていけるようになった。
 6年生になると、仲の良い友だちも増え、だんだんと楽しくなっていった。家庭学習をやるというよりは、授業内で完結させるように心がけていたので、以前よりも真剣に授業に取り組むようになった。
 受験直前期になると、先生たちもより一層熱がこもってきたのが感じられ、その雰囲気に励まされていた。家族や周りの人が支えてくれたおかげで、疲れやストレスで勉強が嫌になったこともあったが、最後まで踏ん張ることができた。
 受験当日。ぼくはそこまで緊張していなかったが、激励を受けるときに、急に心の底から緊張が高まってきたような気がして、不安になってしまった。しかし、今までサピックスで勉強したことや、友だちと支え合いながらがんばってきた日々を思い出すと、不思議と緊張が収まっていくのを感じ、一問一問の問題を集中して解くことができた。
 合格発表時は、受験当日の朝よりはるかに緊張していた。志望校の校門の前に立ったとき、心臓の拍動の音が、「ドクッドクッ」と聞こえるのではないかと思うくらい心配だった。ぼくの受験番号が書いてあるのを見たとき、思わずガッツポーズをしてしまった。そして、サピックスの先生や友だちに心から感謝した。今までの努力が実を結んだ気がして、ことばに表せないほどのうれしさや安心感が込み上げてきた。合格できて本当によかったと思った。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ