受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

千里の道も一歩から(オススメ学習法)

T.Oくん

 ぼくがこの体験記を通じて皆さんに伝えたいことは、「小さなことでも目標を立て、その目標に向かって進んでいくこと」の大切さです。志望校合格への道のりは平らなものではありません。しかし、そのなかでもモチベーションや成績は保たなければなりません。そこで、ぼくが実践していた学習法などを紹介します。参考になれば幸いです。

①勉強の間に短時間の休憩を取る。
机に長時間向かっただけで勉強した気にならず、集中力が落ちてきたら休憩を取って頭をリフレッシュさせてください。休憩をすることでメリハリをつけられるので有効です。

②一日ですることの計画を立てる。
ぼくはまず1週間でしなければならないことを紙に書き、それをもとに一日ですることの計画を立ててから取り組んでいました。無造作に取り組むより効率的です。勉強量は少しがんばらなければ終わらないくらいの量に設定してください。少しの積み重ねが自分の実力へとつながります。また、直前期はやることとやらないことを取捨選択してください。

③困ったときは家族に頼る。
試験は自分自身とのたたかいですが、受験は自分だけのたたかいではありません。過程では必ず家族の支えが必要となります。生活面で困ったら家族に頼りましょう。家族はいつでもあなたを支えてくれます。

④困ったときは、サピックスの先生に頼る。
サピックスの先生は絶対的な味方です。学習面で困ったら悩まず質問教室に行きましょう。ぼくは毎回のように質問教室に通い、夜遅くまで先生に対応していただいていました。

 この四つを守り続けた結果、新4年生の2月に入室してからずっと最上位コースをキープし、受験も全戦全勝という最高の形で終えることができました。
 後輩の皆さんも、自分を信じてがんばってください。3年間支えてくださったサピックスの先生方、受付の方、警備の方々、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ