受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

ぼくの合格体験記

T.Sくん

 はじめに、ぼくの失敗を書こうと思います。
 まず、授業の復習が思うように進まず、ため込んだため、まったく終わりませんでした。算数では平常授業もSS特訓も、次の授業までに間に合わせるのが精いっぱい。土曜志望校別特訓は社会の答えを眺める程度でした。そのため、過去問の時間が圧迫されてしまいました。ちなみに、たまった算数を1月31日にやろうとしたものの、結局終わりませんでした。過去問も全部は終わりませんでした。過去問の計画作りをお勧めします。まだまだありますが、ぼくからの注意点は次のとおりです。

○授業の直しは、その日のうちにやること。

○過去問の計画を立てること。

○早いうちから早寝早起きを習慣づけること。

○授業には集中すること。

○友だちとの貴重な会話は楽しく。

○SS特訓はとても大事。

○問題を解いて間違えたら、なぜ間違えたかを考えて、その理由を書き出すこと。

○理科と社会の「コアプラス」と「基礎力トレーニング」は絶対にやること(ぼくが「コアプラス」をやっと1周したのは、入試が始まったあとの2月2日でした)。

○サピックスのテストは自己採点をして、直しを早く済ませること。

○復習するものがたまった場合は、優先順位をつけること。

 ぼくは、正月になっても受験が迫っているという実感がなく、気合を入れた生徒にかなりの後れを取っていたでしょう。でも4~5年生のときに繰り返し復習して完璧をめざした学習のおかげで、合格できたと思います。
次に、本番などでの注意をお伝えします。

○受験校までの経路は実際に確認すること(早朝は地下道が通れないことがあった)。

○トイレは必ず前もって行っておくこと。

○間食のための食べ物を一応持って行くこと。

○出来不出来にかかわらず、終わった試験は気にしないこと。

 皆さんの合格を願っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ