受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

2月の「笑者」になるために

I.Sくん

 2月5日の午後3時、掲示板に番号を見つけたとき、ぼくはうれしさで跳び上がってしまうほどでした。それから、筑波大附駒場中の合格証をもらい、同じく合格を手にした友だちと喜びを分かち合いました。
 ぼくは、3年生の11月にサピックスに入りました。初めは最上位クラスでしたが、勉強量で負けていたことや、理科・社会が始まったことで、何度か下のクラスに落ちたこともありました。それでも慣れてきたのか、4年生の後半以降は成績も安定してきました。そして、そのまま6年生の1月まで進み、受験で全勝することができました。
 皆さんのためになるのは、ぼくの体験ではなくアドバイスなので(笑)、ここからはアドバイスをしようと思います。

①体調管理は大事です。ぼくは学校別サピックスオープンの日の朝、熱が39度になって受けられず、悔しい思いをしました。ふだんから十分寝て、手洗い・うがいもしっかりしましょう!

②授業に集中しましょう! ぼくは家で勉強したくなかったので、「授業ですべて覚える」くらいの気持ちでした(皆さんはこんな不純な動機ではないと期待します)。そのおかげで、テキストの内容はもちろん、先生が話した、ちょっとした知識も覚えられました。これが、合格につながったはずです。

③過去問や難問を解く前、1分ほど目をつぶって休んでから始めると、リラックスできるうえ、集中力も高まります。10秒ほどでも効果はあるので、ぜひやってみて!

④歴史資料・理科資料は、ある程度基礎を固めた人なら、「コアプラス」よりお薦めです。

⑤最後に一つ、「バランスが大事」ということです。1教科を極めるより、4教科ともある程度のレベルにするほうが、総合成績は良くなります。特に、筑駒は全教科100点満点なので、バランスは大事だと感じました。

 受験生の皆さんの合格を願っています。自信を持って臨んで! 筑駒で待っています!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ