受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

努力は絶対に裏切らない

R.Tくん

 ぼくがサピックスに入室したのは4年生の秋でした。みんなより遅い入室だったので、追いつくことができるか不安でした。しかし、入室してみると、先生方が行う授業がおもしろいと感じ、なじむことができました。
 6年生になってからは、毎回の授業内での得点による順位の発表やブロック内昇降が始まりました。特に順位は自分がどのあたりにいるかがわかり、クラス内で切磋琢磨をすることができたと思います。志望校を選び始めたのはこのころでした。質問教室などの機会を利用して先生方とも相談することによって、最終的にはしっかりと決めることができました。
 6年生の後期にあるSS特訓では、志望校の入試問題の特色について学ぶことができたと思います。また、苦手分野を克服することができる大切な全14回の特訓であると感じました。
 入試当日は、余裕を持って試験会場に到着しておくといいです。なぜなら、最寄り駅から会場までの道が混雑していたり、緊張をほぐすのに時間がかかったり、サピックスの先生方の激励を受ける時間が必要だったりするからです。そして、問題を解くときには、落ち着いて一問一問を解き、常に取捨選択をすることが重要だと、ぼくは考えます。
 合格発表では、合格していることがわかり、今までの努力が報われたなと思いました。
 さて、役に立った勉強法は、まず、サピックスの先生方から指定された家庭学習をしっかりとこなすことです。最初は大変だと思うけれど、次第に努力の成果が出てくると思います。また、「基礎力トレーニング」「デイリーステップ」「コアプラス」を毎日欠かさずすることで、知識や解法が身についてくると思いました。
 最後に、毎日しっかりと行ってきた努力は絶対に裏切らないということを伝えたいと思います。応援しています!!
 ぼくを支えてくれた両親、毎回楽しい授業をして、ぼくたちに各教科を教えてくださったサピックスの先生方、ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ