受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 浅野中学校

待ちに待った、満面の笑み

K.Yさん お子さんの名前 Nくん

 「合格おめでとうございます」
 2月4日午前9時、浅野中の合格発表サイトで受験番号とパスワードを入力し、切り替わった画面でその文字列を見たときは、思わず涙が出た。一緒に見ていた妻と手を取り、声を上げ喜んだ。
 そして、午後3時過ぎ、小学校から帰ってきた息子に合格を伝えたときの、満面の笑み、そして、「やったー!」との喜びの声。私は忘れることはないだろう。それまでには泣き顔を見たこともあったが、最後にこの笑顔を見て受験を終えることができ、本当に、本当によかったと思う。
 息子がサピックスに通いだしたのは、新4年生の2月。入室テストに通りはしたものの、クラスは下から2番目。「息子は勉強ができるほうでは」と思い込んでいた親バカな私は、小さくはないショックを受けた。
 それから息子のサピックス生活が始まった。テストのたびにクラス昇降を繰り返し(親は一喜一憂を繰り返し)、最終的には息子は中の上くらいのクラスだったと思う。
 そんな厳しい競争環境のなかでも、息子は楽しんでサピックスに通っていた。「誰々先生にこんなことを教わった」とか、「こんな話を聞いた」とか、こちらから聞かなくてもよく話してくれた。通塾日数は学年が上がるにつれて増え、最終的には平日2日+土日の計週4日。私ならとても耐えられそうもないが、息子が楽しんで通っていたのは先生方のおかげだと、心の底から感謝している。
 中学受験生の父親として、私はあまり多くのことはできなかった。世のサピックス生の親御さんなら、勉強の計画立て、進捗管理、苦手分野の把握とその対策などをされているように思うが、私は、「基礎力トレーニング」などの丸付けと、「勉強しなさい」との声かけくらい。妻もほとんど変わらず、息子の勉強面はほとんどすべてサピックスにお任せであった(先生方には叱られそうだが)。
 そんな私でも、試験当日の送り迎えくらいはしないといけないと、1月受験校を含め、送り迎えはすべて担当した。2月1日からは、朝、息子と一緒に電車で受験する学校へ→息子が校舎に入るのを見届けたら自宅へ引き返し、今度は車で学校の近くの駐車場へ→試験が終わったら息子と合流して車で自宅へ、を3日間繰り返した。帰りは車のほうが、連日早起きの息子が少しでも休んで疲れを取れるのではと思ったからだ。電車好きの息子は、「帰りも電車がいい」と言っていたが、結局どの日も車で自宅へ帰る途中で眠りに落ちていた。
 この2月1日からの3日間(と2月3日の試験の合格発表がある2月4日)は、一日が本当に長く感じられた。試験終了の時間を待つ、試験が終わった息子が校舎から出てくるのを待つ、また、合格発表サイトで発表時間がくるのを待つなど、待つ場面が多いためだろう。一日が50時間くらいにも感じられた。そのように待ちに待っての先にあったのが、冒頭の場面、息子の満面の笑みであった。
 こうして息子は浅野中にご縁を頂くことができた。打越坂を上って通学する毎日、恵まれた環境の下、充実した日々を過ごし、大きく成長してほしい。
 最後に、親子共に納得・満足できる形で中学受験を終えることができ、サピックスの先生方には感謝のことばしかない。本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ