受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 麻布中学校

熱望校合格への道

T.Tさん お子さんの名前 Rくん

 「ぼく、中学受験をする!」と言い出した息子とサピックスの入室テストを受けに行ったのは新4年生の2月でした。
 4年生のゴールデンウィークに初めて麻布中の文化祭に息子と出向きました。カラフルヘアーできらきらとした麻布生は、一見怖そうに見えますが、とても親切で、息子に優しく接してくれて好感が持てました。「ここで学びたい! 麻布を受験する!!」と熱望校合格への道がスタートしました。
 授業は復習型で新しいことを学び、刺激的でたいへん楽しいと、息子はまるで先生方の信者のようでした(笑)。息子はじっくり時間をかけて考える勉強は大好きですが、単純な知識をこつこつと吸収する作業は好みませんでした。得意なことに苦手なことを挟んでみたり、車での移動中に知識を確認したりと試行錯誤しながら、4・5年生では土台となる基礎を固めていきました。
 6年生後半はSS特訓や過去問も加わるので忙しくなります。授業内容はその場で吸収するぐらいの気持ちで、家庭学習は優先順位をつけて取捨選択することが大事になります。息子は熱望校である麻布中の対策プリントなど、SS特訓を中心に苦手分野の学習をよく行っていました。
 先生から「お子さんに『これはどういうこと?』『どう考えるの?』『なぜ?』と聞いてあげてください」とアドバイスを頂きました。
 麻布の入試は記述が中心なので、情報(問題文)をよく見たうえで、自分の考えをアウトプットする力が試されます。ニュースやふだんの生活で考えた内容を文章にまとめる練習をしました。いろいろなことに興味を持つ息子は、気になるとすぐに調べて、よく白紙にいろいろなことを書いていました。基礎が仕上がってきた6年生の後半は、特に志望校の傾向に合った学習をすることも重要だと思いました。
 直前期は難問を封印し、軽めの学習をして、積み上げてきた自信をつぶさないように気をつけました。親は不安な気持ちから「あれもこれもできていないじゃない」「もっとがんばりなさい」と思いますが、ぐっとこらえて、成績に一喜一憂せずにがんばっていることを認め、ほめて励まし、メンタルケアをしてあげることが大切だと思いました。新型コロナウイルス感染症の流行もありましたので、健康管理にも力を注ぎました。ウォーキングや筋トレで入試に必要な体力をつけるとともに、朝型になるように早寝早起きをさせ、規則正しい生活をして過ごしました。
 前日は大好きな先生の入試応援動画を何度も見て、翌日の麻布入試が楽しみで仕方がない様子でした。興奮してちゃんと寝つけるのか心配でしたが、すんなり就寝しました。入試の朝も午前5時半に元気よく目覚めて、朝のルーティンである「基礎力トレーニング」→「コアプラス」→「漢字の要」を済ませ、わくわくしながら試験会場に向かいました。そして入試を終えた後も、テンションはしばらく高いままでした。楽しく入試を迎えることができ、合格を頂けたのも先生方の熱心なご指導のおかげです。学ぶ楽しさを教えていただき、精神力も鍛えてくださった先生方に心から感謝申し上げます。
 長い道のりですが、お子さんの弱点に目を向けて手当てをし、志望校の傾向を分析して、先生の指導を素直に聞き、最後まであきらめずに、二人三脚でどうぞ楽しく走り切ってください!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ