受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 麻布中学校

家族はつらいよ

Y.Mさん お子さんの名前 Tくん

 サピックスに通い始めたのは、3年生の夏休みから。女子校付属の幼稚園から小学校受験をせずに公立小学校に進学したとき、漠然と「中学受験することになるのかな」と思っていました。クラスの9割が中学受験する小学校で、そのとおりになりました。
 息子は、サピックスに行くのを嫌がったことは一度もなく、最初から喜んで通っていたように思います。同じ小学校のお友だちや、サピックスで仲良くなるお友だちもいて、それは楽しそうでした。5年生の夏までは野球や水泳を続け、ブラスバンドとピアノに至っては、6年生までずっと続けていました。そのような生活を「楽しい、楽しい」と言ってばかりもいられなくなったのは、やはり新6年生の春です。
 まず、新型コロナウイルス感染症の影響下による緊急事態宣言、本人は自覚していなかったようですが、休講は息子にとって痛手でした。一人で長時間集中して勉強することが難しい息子にとっては、対面授業はめりはりのある生活に欠かせなかったのです。
 夏になり、通常に近い生活リズムを取り戻したかのように見えましたが、サボり癖はなかなか抜けず、秋に大幅なクラス落ちを経験。そこからやっと、息子の本気に火がつきました。
 5年生の秋にいろいろな学校を見て回り、本人は最初から麻布中志望。母親はカトリック校の聖光学院中推しで、本人もまんざらでもなく、2校とも甲乙つけがたいまま本番に突入しました。それは、過度な思い入れによる緊張を招かなかったという点で、よかったかもしれません。6年生の秋以降、この2校の対策を並行して行いながら、「基礎力トレーニング」「コアプラス」などで、基本の徹底と苦手な箇所の克服を心がけました。内容は先生方にお任せでしたが、このころからは仕事を多少セーブして、「これ見て」「問題出して」と言った息子のリクエストに応えるようにしました。クラス分けテストはあまり得意ではありませんでしたが、なんとか返り咲き、一連の合格力判定サピックスオープンや学校別サピックスオープンは安定していたので、最後は一定の自信を持って、本番に臨むことができたと思います。
 とはいえ、親は心配でした。試験1週間前に私が風邪をひいたり、麻布の前日に洗濯機が故障したりといったアクシデントもありました。本人は麻布入試の1週間前まで学校に行き、よく食べ、よく眠り、終始元気いっぱいでしたが、私のほうは合格を頂いたあともしばらく疲労が抜けませんでした。受験生のご家族におかれましては、直前期、ご自身の体調や環境にも配慮され、受験直後から予定を詰め込まないよう、ご自愛ください。
 最後になりましたが、合格まで導いていただいた先生方、励まし合ったお友だちにお礼申し上げます。ありがとうございました。皆さまのご健闘をお祈りいたします。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ