受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 麻布中学校

山からの景色

R.Yさん お子さんの名前 Tくん

 「サピックス中学があればいいのになぁ」。塾での最後の授業を終えて帰宅した息子のコメントに、一度も行き渋ることなく最後まで楽しんでいたサピックス生活が終わることへの一抹の寂しさを覚えると同時に、無事にここまで導かれたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 小学校受験の経験から、「次は息子主導の受験にしてあげたい」という想いがあり、本人の意思が固まるまでと、はやる気持ちを抑えつつ、タイミングを待つことにしました。低学年のころから遊びに行くような感覚で、気になる学校の文化祭に連れて行きましたが、早い段階で親子ともども麻布中を気に入り、自然にめざすようになりました。幸い、ご近所や習い事で一緒の方に麻布生がいたので、学校の様子をうかがい知ることができ、ますます麻布への想いが募りました。
 麻布に入りたい一心で実績に定評のあるサピックスの扉をたたき、本格的に中学受験に取り組むことにしました。ビギナーズラックで最上位クラスに入れたものの、4年生の2学期という少し遅いスタート。また、私立小学校に通っていたので毎朝5時半に起きて電車通学をしていたということもあり、サピックスのサイクルに慣れるまでに半年以上かかりました。すぐにクラスダウンもしましたが、目標は塾での順位ではなく、麻布に合格することだと、一度もあきらめることなく息子は前を向いて走り続けました。学校とは違う仲間との出会いから深い友情も芽生え、息子の生活に彩りを与えてくれました。
 この1年は新型コロナウイルス感染症の流行という未曽有の経験のなかでの受験生活で、イレギュラーな過ごし方をしなくてはいけない時期も長く続きました。しかし、息子は一度も自分たちの置かれている状況を悲観したり、不平不満を言ったりすることがなく、それどころか「休校で時間ができて、苦手な教科に時間を使うことができてよかった」と常にポジティブな姿勢でいてくれたので、とてもありがたかったです。
 どのような結果でも、中学受験が嫌な記憶だけで終わってほしくなかったので、勉強以外のことを制限し過ぎず、息子自身も息抜きのつもりで学校行事や習い事を楽しんでいました。特に気をつけたのは併願校のことでした。麻布以外の受験校はすべて同列に扱い、どちらに進学することになっても本人が誇らしい気持ちで入学できるように気を配りました。
 中学受験は親子で挑む最後の受験といわれますが、つないだ手はいつしか私から離れ、しっかりと自分の足で登りきった中学受験という山。今後の人生で困難にぶつかったときにも、自分で成し遂げた後に眺めたこの美しい景色を思い出して、自信を持って歩んでほしいと願っています。
 ここまで導いてくださったサピックスの先生方の熱意あるご指導と、共に切磋琢磨したサピックスの仲間に感謝申し上げます。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ