受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 麻布中学校

Aタイプの子がBタイプの学校に

N.Iさん お子さんの名前 Sくん

 2月3日午後3時、麻布中の合格発表の時間でした。緊張感がマックスになりました。そのとき、夫から電話が来ました。
 「あるよ!」
 「え? 本当?」
 「あるよ! 自分で見て!」
 麻布のホームページで息子の受験番号を見た瞬間、涙が出ました。
 サピックスに入ったのは息子が4年生のときでした。数か月は成績が上下することもありましたが、だいたいは上位クラスあたりに安定していました。あまり大きな心配をすることはなかったので、勉強は息子に任せました。
 6年生の秋ごろからSS特訓が始まりました。息子は麻布の自由な校風にあこがれ、私と夫も息子の性格は麻布に合っていると思って麻布コースを選びました。しかし、息子は理科・社会が得意で(偏差値70ぐらい)、国語は特に記述問題が苦手なAタイプ(知識の確認と正確な処理能力)の子なのに、麻布はその正反対のBタイプ(思考力、記述力)の問題を出す学校です。麻布に合格するためには自分のいちばん苦手な分野を一から見直さざるを得ませんでした。とはいえ、実は麻布コースの問題を解けば解くほど、偏差値は下がりました。成績は麻布コースのなかでも、いつも後ろのほうでした。国語の小テストはほとんど最下位で、得意な社会でも記述問題が多いため、点数がうまく取れなかったのです。焦ってサピックスの先生に相談しました。先生はいろいろな状況を分析し、最後に「麻布が見えていますよ」と言われたので、少し安心しました。しかし、その後も偏差値は下がる一方でした。学校別サピックスオープンの結果は、1回目は合格可能性50%だったのが2回目は20%になってしまいました。息子自身も疲れて、課題をやっている途中で寝てしまうことも何度かありました。その状況を見て、「息子に毎回の小テストの結果とクラス内の順位を聞かないこと」「親からのストレスをなるべく感じさせないようにすること」を決心しました。先生の話とサピックスの授業を信じて、家族全員の健康管理を中心にサポートし、見守ってあげることにしたのです。第4回合格力判定サピックスオープンの成績は期待していませんでしたが、意外にもいつもの偏差値に戻ってきました。麻布の合格可能性も80%になり、息子に自信が戻りました。残り2か月、なんとかなると信じて、過去問とSS特訓の授業に集中しました。本番1週間前に最後の仕上げとして残っていたSS特訓の算数の問題を解いて、良い点数が取れたことは、本番への自信の源となりました。
 完全にAタイプの子がBタイプの麻布に合格できたのは、これまで支え、導いてくださったサピックスの先生方の存在がとても大きいです。中学受験を通して、最後まであきらめずにがんばる経験ができたことが、息子の一生の財産になったと思います。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ