受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 開成中学校

志望校への強い気持ち

H.Yさん お子さんの名前 Hくん

 2月1日、サピックス生としての誇りと自信を胸に、サピックスの合格Vバッジをお守りとしてつけ、校舎の先生方の温かい入試応援動画を見ながら受験会場へと向かいました。
 志望校へ向かう緊張と不安のなか、先生方からの応援メッセージはどんなに心強かったことでしょう。私は、試験会場に入っていく息子の後ろ姿を見て、「がんばってきたことで培われた力が出し切れますように…」と祈るばかりでした。試験が終わり、会場から出てきた息子の感想は「全力を出し切ったので、悔いはないけれど、得意の社会が難しかった…」とのことだったので、合格を知ったときは、これまでの努力が実を結んだと、息子と大喜びをしました。
 サピックスには3年生の夏休みからお世話になりました。転機が訪れたのは5年生の秋、開成中の文化祭を訪問したときのことです。クイズ研究部のイベントがとても楽しく、2日続けて心ゆくまで楽しみました。この日をきっかけに、息子のなかで「開成でクイズ研究部に入りたい」という大きな目標ができ、勉強にも身が入るようになったと感じています。
 勉強面では、新型コロナウイルス感染症の流行により、学校もサピックスも休校となった期間に、徹底的に理科・社会の過去のテキストの見直し、「コアプラス」などを行ったことで、この2教科は必ず得点できる得意教科になりました。算数・国語で点数が取れなかったときにも保険となり、最終的には4教科でバランス良く点数が取れるようになったことが合格につながったと思います。
 SS特訓では、同じ学校をめざす友だちと共に、毎回の授業で行われるテストで切磋琢磨するなかで、良かったときは自信につなげ、思うようにいかなかったときはその悔しさを次へつなげ、大きく力をつけていきました。毎回の成績順による席替えも、負けず嫌いの息子には合っていたようです。サピックスのクラスの友だちと、授業の合間や帰りに話すのはとても楽しかったようで、切磋琢磨できる仲間がいたからこそ、6年生後半の勉強ばかりの受験生活を乗り越えることができました。
 サピックスで過ごした3年半、息子は、毎回の授業がとても楽しく、サピックスに自分の居場所を見つけ、先生方のご指導の下、心も大きく成長しました。5年生のころから、テストで点数が取れなかったときは、各教科の先生にご相談させていただき、息子の成績を的確に分析していただいたうえでのていねいなアドバイスを頂きました。私自身、中学受験は息子が初めての経験で、何もわからなかったため、サピックスの先生のおことばどおりに学習を進めるようにしました。
 6年生になってからは、親のことばには反発することもありましたが、信頼する先生方のおことばは素直に聞くことができました。悩んだ際には、先生方から直接、息子へアドバイスを頂き、息子も「まだまだがんばろう!」と思えたようです。
 最後になりましたが、温かいご指導の下、志望校へ導いてくださった先生方には心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ