受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 開成中学校

破顔一笑

S.Sさん お子さんの名前 Sくん

 「よくがんばったな」
 受験が終わり、積み上げたら息子の身長を優に超えるほどの膨大な量のテキストを片づけながら、受験までの日々を振り返りました。
 サピックスの先生方には、これまで息子への指導はもとより、不安でいっぱいの私へも、毎回、力強く対応していただき、感謝の念に堪えません。
 息子は新5年生の春休みにサピックスに入室しました。入室説明会には出席したものの、テキストの複雑さに理解が追いつかず、理科の先生に対面でもお電話でも何度も説明していただいたことを覚えています。おかげさまで理科はこつこつと家庭学習が進み、入室直後から飛躍的に成績が伸びました。
 サピックスを選んだ理由の一つに、国語の記述の添削がありました。答えを書いた直後の的確な指導がありがたかったです。そして期待どおり、入室して1年たったころ、「記述のレベルが上がったことを先生からほめられた」と、息子がうれしそうに話していました。入試直前期のオンライン授業を受けたころには、「自己採点で大丈夫」と自信を持って言えるようにまでなり、オンラインでの添削指導のお世話にならずに終わりました。
 6年生の春、緊急事態宣言が発出され、家での時間があったときには、算数の先生に勧められて『中学への算数』を毎日解きました。それからは毎月購入するようになり、時々気が向いたときにパラパラと読む程度でしたが、本人いわく「解法の幅が広がった」とのことです。
 社会の授業があった日の塾の帰り道、息子はよくおもしろかった授業の内容を少々興奮気味に話していました。話の途中で、「あれ? どうだったかな」と道端でテキストを取り出し、確かめたこともありました。今思えば、それも少しは復習になっていたのかもしれないねと、息子と話しています。
 6年生の秋以降はSS特訓やテスト、過去問と、志望校に向けての忙しい日々が続きました。テストでは「結果に一喜一憂しない」と言われていましたが、なかなかそうもいきません。でも毎回、なぜ間違えたのか、その原因の分析はしていました。過去問は、2校については10年分を解きましたが、算数でなかなか点数が取れなかったため、残り3年分を残したところで先生に相談しました。そしてアドバイスに従い、過去問を進めるのを中断し、点数が取れなかった年度の失敗の原因を探ることに時間を割きました。この分析は合格へ近づいたポイントだと思っています。実際の入試でも、帰り道に分析をしていました。「で、どうだったの?」と聞くと、「大丈夫でしょ」と言うくらい、手応えを感じていたようです。
 最後に、2月1日の第一志望校受験当日の私の失敗談を書きます。朝食に出したサバが、なんと生焼けだったのです。私が息子の足を引っ張ることになるとは! 試験を終え、すがすがしい表情で現れた息子にほっとしたのは、言うまでもありません。胃腸の強い息子に感謝!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ