受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 慶應義塾普通部

サピックスでよかった

M.Kさん お子さんの名前 Kくん

 「サピックスでよかった!」というのが第一志望校合格という最高の結果で中学受験を終えることができたわが家の感想です。受験勉強が本格化する6年生の幕開けは、新型コロナウイルス感染症の流行による休講でした。どんどん送られてくるテキストは手つかずのままたまっていく一方で、家にいてもずっと勉強していられるわけもなく、完全にペースが乱れてしまいました。苦手な算数だけはがんばってやろうとしていましたが、ほかの教科はほぼ手つかずの状態。休講明けのテストでは、それまで得意だった科目も点数が取れなくなり、志望校を変えたほうがよいのかと不安な日々でした。
 本当にサピックスでいいの?と誰もが一度は悩んだことがあると思います。わが家もそうでした。自習室はなく、質問は授業後の質問教室のみ、保護者個別面談も2回だけ、本格的な志望校別授業は秋以降です。他塾が早くから志望校別の授業やテストを行っているなか、本当にこのスケジュールで大丈夫なのかと、正直言って不安に思っていました。しかし、サピックスが真価を発揮したのはそれからでした。夏期講習、SS特訓、サピックスオープン、冬期講習、正月特訓と、子どもたちが息切れせず、本番までに十分な力がつくように、本当によく考えられたカリキュラムになっていたのだと、受験が終わった今、実感しています。SS特訓が始まったばかりのころは長時間の授業に疲れ果てていましたが、本番が始まるころには、午後受験もこなせるだけの体力と集中力が身についていました。
 冬期講習・正月特訓ではとことん志望校対策プリントをやり、合格へと気持ちも盛り上げていただきました。「レベルの高いサピックスのSS特訓を受けてきたのだから大丈夫!」と大きな自信につながり、直前には「どんな問題が出るのか楽しみ!」と思えるまでになりました。1月は受験も始まり、感染症が心配な時期ではありましたが、この時期は先生のことば一つひとつが試験に直結する大切なことばかりでしたので、授業は最後まで休まず受けてよかったと思います。SS特訓の復習などのほかに、1月にやっていてよかったのは、最後まで毎日「基礎力トレーニング」を必ずやったことと、「漢字の要STEP3」をすべて復習したことです。
 第一志望校の慶應普通部では、とにかくこれまでやってきたことをすべて発揮できるよう願っていたので、終わった後「自分の力は出し切った。結果はどうであれ後悔はない!」ということばを聞いて、とてもほっとしました。
 合格発表後、日吉まで書類を取りに行った帰りに「受験してよかった! 支えてくれてありがとう!」という息子のことばを聞き、受験を通して精神的にも本当に成長したとうれしく思いました。受験が終わった今、息子はサピックスの授業がどれだけ刺激のある有意義な時間だったのかを日々感じているようです。サピックスは授業がおもしろいので、長時間の授業も苦にならなかったそうです。成績が下がったときも、休講になったときも、「絶対サピックスをやめたくない!」と言う息子と、サピックスを信じてがんばってきてよかったと心から思います。これからはあこがれの学校で、思い切り実りのある時間を過ごしてもらいたいです。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ