受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 慶應義塾普通部

困難を乗り越え、第一志望校の合格へ

M.Lさん お子さんの名前 Iくん

 2月3日(水)午後1時は慶應普通部の合格発表掲示の時刻です。午前中は他校の受験があったため、その試験会場から出たのはすでに午後1時ごろでした。ウェブ上でも並行して合格発表が行われていましたが、本人が学校の掲示で自分の受験番号をみずから見つけ出したいと希望していたことから、結果を事前に確認せず、直接合格発表を見に行くことにしました。
 校門を抜けて、掲示板に息子の受験番号を見つけ出した瞬間、息子が歓喜のあまりジャンプをしました。想像以上の緊張と想像以上の喜びを感じました。この4年間、つらいときには何度も「親子で歩んだ受験の軌跡」を読み返していました。そして、「みんながんばって困難を乗り越えたからこそ、合格できたのだ」と自分に言い聞かせていました。
 息子は3年生になる年の2月からサピックスに通い始め、塾に4年間通いました。最初のころは、スイミングとピアノも習いながら塾に通っていました。スタートは真ん中あたりのコースでした。3年生の1年間は、息子に決められた時間に学習する習慣を身につけさせることに専念しました。
 4年生からは上位コースを維持することができました。今思い出すと、4年生のときは親としていちばん楽な1年間でした。周りの優秀なお友だちに囲まれて、息子は自分の存在の薄さに気づき、焦りを感じた時期でもありました。3・4年生のときは志望校を決めるために、いろいろな学校の文化祭や説明会に行きました。そのため、5年生の早い段階で第一志望校を決めることができました。
 第一志望校を決めたことで、息子の気持ちにも変化が感じられました。それまで漠然と取り組んでいた家庭学習に対しても、第一志望校に合格するための学習なのだと考え、困難を乗り越えなければいけないという意識に変わっていったようです。息子は確実に成長していると感じました。
 高学年になり、少しずつ受験に向けた準備を始めるため、5年生になる前にスイミングをやめました。6年生の夏休み前には、4歳から続けていたピアノも休止するなど、受験が近づくにつれて習い事の優先順位も変化していきました。
 息子の受験のための4年間の苦労は、「受かった!」とわかった瞬間に報われました。この4年間、サピックスの先生方のご指導を受けただけでなく、授業以外にも質問教室で対応していただいたり、私と主人に家庭学習に関する適切なアドバイスをしてくださったりしたからこそ、息子は合格できたに違いありません。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
 これから中学受験に臨まれる受験生の皆さま、今の努力は絶対に価値があります。一時的に成績が悪くても、あきらめないでください。困ったらサピックスの先生方に相談し、合格発表のときに自分の番号を見つけ出す様子を想像してください。必ず夢は現実になります!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ