受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 駒場東邦中学校

最後まであきらめない

D.Yさん お子さんの名前 Sくん

 2月2日の受験校の帰途、息子は「駒東どうだった?」と聞いてきました。スマートフォン上で結果を見せると、息子は歓喜で顔を紅潮させ、マスクの上からも笑顔がわかりました。3年にわたるたたかいの幕が閉じた瞬間でした。
 息子は都内のサピックス中規模校舎に4年生から入室しました。4年生時はαとアルファベットの上位のクラスとを行き来していました。5年生の中盤ごろからは、なぜかいつも数点が足りず、上位クラスに上がれないという状況が続き、そのまま6年生を迎えました。6年生の最初の面談で先生から、「息子さん、駒東の雰囲気に合っていますよ」とのおことばを頂き、それまで漠然としていた目標がはっきりしました。4・5年生の間に積極的にいろいろな学校を見学していたなかで、息子も駒場東邦中に行きたいと言っていました。
 6年生の9月から始まった最初の合格力判定サピックスオープンでの合格可能性は、1回目は80%を超えましたが、2回目以降は崩れて、3回目は20%まで落ち、最後の4回目も40%にしか戻りませんでした。最後のマンスリー実力テストの結果も悪く、クラスが一つ下がりました。そこで、残り2か月もありませんでしたが、親がまず、6年生になってからの模試と定期テストのなかから、正答率が高いのに息子は間違えた問題を抽出して弱点を分析し、先生に電話して、関連分野のテキスト番号などを教えていただきました。さらに、間違えた問題をノートに貼りつけ、問題集を作成しました。すると、昔やった「数の性質」や「場合の数」で解法があやふやなところが見つかり、その弱点補強に努めました。そうして冬期講習や正月特訓を迎え、息子も少しずつ手応えを感じていけたようでした。
 ところで、わが家は最後まで対面授業に行かせました。3~5月の動画配信授業は息子には無理でした。授業がなぜか半分くらいの時間で終わっているので確認すると、なんと2倍速で聞いていました。Zoomの授業では、出席している友だちの顔をタブレットで、なぜか隣に出現する弟と一緒に見ていて、集中していませんでした。そのため、1月の授業はすべて対面で受けさせました。また、1月に入ってからは「新しいことに手を出すな」と先生から言われていたので、過去問の間違いノートも同様に作り、弱点補強に努めました。過去に間違えた問題もこのころにはすらすらと解けるようになっていて、また、弱そうな分野は、以前のテキストに戻って演習を繰り返しました。一日にこなす量もすさまじく、「今までは何?」というほど、スピードと集中力も上がってきました。
 最後に、教科別の対策を書こうと思います。国語は、あまり参考になりませんが、記述は授業の直しだけで、直前期は慣用句のプリントと「漢字の要」の間違いノートで抜けがないようにしました。理科は、「コアプラス」確認テストと「知識の20題」を中心にしました。社会は最後まで苦戦しました。息子はデイリーチェックや「コアプラス」確認テストでは満点近く取れるのに、マンスリーテストや組分けテストでは偏差値50を切ってばかりで、かなり足を引っ張っていました。知識の組み合わせで解く問題ができなかったので、直前期には過去のテストで間違えた問題と過去問を繰り返しました。また、社会のデータバンクや出来事の並べかえも苦手だったのですが、土曜志望校別特訓のテキストが穴埋め形式でうまくまとまっているのを1月になって発見したので、穴埋めができるようになるまでやらせました。さらに、そのテキストにある演習問題でアウトプットの訓練もしました。
 最後に算数ですが、サピックスの6年生時のサポートはすばらしかったです。特にSS特訓では、答案をていねいに見てくださり、毎回叱咤激励のコメントをつけていただきました。時には厳しいコメントも頂戴し、息子も泣きながら、やり直しをしてがんばってついていきました。算数の先生には保護者個別面談も担当していただき、伸び悩む成績や過去問の出来具合に対しても、過去のデータをもとに励ましてくださいました。息子はサピックス以外の模試を一切受けなかったので、不安でしたが、先生のアドバイスを信じて、悔いの残らぬよう、やり残しややり忘れのない状態で受験できて感謝しております。これからも息子には、サピックスで培った経験をもとに、新たな目標に向かって挑戦してくれることを願っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ