受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 明治大学付属中野中学校

生かされた2回目合格の経験

R.Kさん お子さんの名前 Yくん

 2月4日、第一志望校の第2回の試験中、祈るように待機していました。校門まで迎えに行き、試験終了のチャイムを聞いたとき、結果はどちらだとしても、すべて終わった、息子はここまで本当によくがんばったと思い、自然に涙があふれ出てきました。息子はそれまで一度もぶれることなく、第一志望校を変えることはありませんでしたが、もしこの日がだめなら息子は埼玉の学校に進学するつもりでした。
 1月の栄東中の第1回は、過去問の手応えを裏切り、不合格となりました。そのときも息子は1人部屋にこもって悔し涙を流していました。私もきっと大丈夫だろうと思っていただけに、とてもショックでした。そんな気持ちを隠せない私に対して、息子はしばらくすると、明るく振る舞っていました。そんな息子の様子を見て、私が息子に、「悔しくないの?」と半ば怒り口調で問いかけると、息子は「心のなかでは、みじめだ」と言って部屋に戻っていきました。私はそのことばを聞いて、「親の私がこんなんじゃだめだ!」と心から反省しました。息子なら必ず大丈夫と言い聞かせ、信じて、第2回に臨んで、見事合格を頂くことができました。
 2月入試が始まる1週間前のことです。サピックスの保護者会で先生から、入試当日と同じ曜日、同じ時間の電車に乗って下見に行くことを勧められていたため、1日と2日に受験予定の学校にそれぞれ行ってみました。すると、ちょうど在校生の登校時の様子が見られました。息子がずっと熱望していた中学校の登校風景を見て、私はとても感激しました。それは、駅から学校までの通学路の随所に先生方が立ち、「おはよう!」と声をかけながら、ほかの歩行者の迷惑にならないように見守り、生徒たちは学校までの道のりをきちんと整列して並んで歩いていたのです。それまでも息子の志望校に対する気持ちを尊重していましたが、その光景を目の当たりにし、この学校は息子にぴったりの学校だ! 息子にとても合っている!という直感がして、私もますます入学してもらいたい気持ちが強くなりました。その下見のおかげで当日の移動もスムーズにできたので、行ってみて本当によかったと思いました。
 ところが、2月2日、その本命である明治大付中野中の試験当日、それまでに過去問をすべて2回ずつ解いて、大丈夫、必ず合格できると信じていたのに、試験が終わると息子は「過去問と出題形式が違った。難しかった」と不安そうに言っていました。その日の発表では嫌な予感が的中し、不合格。本人は午後7時ごろには泣き崩れて、寝室に入ったまま朝まで出てきませんでした。1日・2日・3日に受けた併願校も含め、一つも合格がないまま、2月4日の第2回。わらにもすがるような、本当にそんな気持ちでしたが、必ず大丈夫!と最後まで息子を信じました。すべて終わるころには、「本当によくがんばった」。ただそのひと言だけでした。
 ちょうど家族全員がそろうタイミングで合格発表となりました。私は目をつぶり、両手を合わせて拝むようにしていたところ、パソコンで結果を見た息子の「やった!!」という声が聞こえて、私もすぐ画面を見ると、「合格おめでとうございます」の文字が! 家族一同、叫び、喜びました。こんなにうれしい気持ちは、子どもたちが生まれたときの次くらいです。後々考えると、栄東の第1回での悔しい思いを乗り越え、第2回で合格した経験が生かされたと強く思いました。最後まであきらめず、前を向いてがんばってくれた息子を誇りに思います。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ