受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 武蔵中学校

家族の絆が深まった中学受験

J.Sさん お子さんの名前 Kくん

 わが家で中学受験を意識し始めたのは、3年生のころでした。しかしながら、当時夢中になっていた習い事や、家族で過ごす時間を優先したいということもあり、実際に入室したのは新5年生からと、少し遅いスタートだったかもしれません。塾選びに際しては、いくつか資料を取り寄せた後、難関校の合格実績や周囲の先輩方からの勧めもあり、サピックスに決めさせていただきました。
 下から2番目のクラスからのスタートでしたが、好奇心旺盛な息子にとって塾の授業はたいへんおもしろく、結果としてクラスも着実に上がっていきました。家族の間でもユニークな先生方の授業内容を楽しそうに話してくれ、家族としても安心してお任せすることができました。
 6年生に上がると、通塾回数、持ち帰る教材の量、テストの回数も増え、勉強量が追いつかず、苦手な単元も増えてきました。息子は目を離すと得意な教科ばかりを勉強し、苦手な算数は後回しにして、さらに下がるという悪循環に陥っていました。中学受験は親のフォローが重要と、先輩ママからもよく言われていましたが、私自身もフルタイムで働いており、十分な時間をとることは難しい状況でした。そんななか、非常に助けになったのはサピックスの先生方です。保護者個別面談の際に相談させていただいたところ、「どのテキストをどれくらいの時間でやるとよい」「問題を解いたら添削をするので見せて」といったような、非常に具体的かつ的確なアドバイスを頂き、遅れていた苦手強化も少しずつできるようになりました。
 しかし、成績は思ったように上がらないまま、受験が近づいてきました。1月の後半は、新型コロナウイルス感染防止のために学校を休み、自宅で勉強することにしました。この時点ではまんべんなく成績を上げることはあきらめ、第一志望校対策を重視し、あとは体調とモチベーションの管理に気をつけました。勉強は体力勝負! 体力が落ちないように、またストレス解消のために、勉強の合間に一日約30分、縄跳びをしたり、近所をウォーキングしたりして、軽い運動をしました。息子は影響されやすい性格なので、前日は神社にお参りに行き、きっと大丈夫だという自信もつけさせました。
 このように受験までの日々を過ごし、無事に第一志望校の合格を勝ち取ることができました。問題傾向が本人に合っていたこと、早めから志望校対策に注力していたことが奏功したと考えます。
 2年間という短い時間のなかで、合格に導いてくださった先生方にはたいへん感謝をしております。また、今回の受験を通して、家族が一つの目標に向かって協力し合うという良い経験ができ、家族の絆も深まったように思えます。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ