受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 芝中学校

あきらめないことの大切さ

M.Hさん お子さんの名前 Yくん

 とても順風満帆とはいえない受験生活でしたが、苦労しながらも息子は、かねてからの志望校に合格することができました。これも、さじを投げずに応援してくださったサピックスの先生方をはじめ、多くの方のご支援のおかげと、心から感謝しております。
 職場でも家でも仕事に追われ、息子たちの勉強については中学受験経験者の夫にお任せを決め込んでいた母の私が、急きょ、次男の受験に向き合わなければならなくなったのは、5年生の夏、夫が急に転勤になったときでした。5年生夏の組分けテストで偏差値が急落し、夏休みは立て直しを図ろうとしましたが、なかなか勉強に集中できない息子。慣れない母は何をやってよいのかもよくわからず、右往左往しました。
 6年生になり、いったんは持ち直したものの、その後新型コロナウイルス感染症の影響により、マンスリーテストなどもすべて自宅で受験することに。授業もオンラインとなって、モチベーションも持ちづらく、成績は低迷しました。ただこの時期、いつまでも身につかなかった基礎の徹底を図ったことが、後で効いてきたように思います。
 2年上の兄がいたことから、次男はいろいろな学校の文化祭などに連れられていくことが多かったのですが、4年生のときに、芝中の文化祭を訪れ、技術工作部の先輩たちが堂々と活躍する姿に触れて、工作好きの次男に、芝をめざす気持ちが芽生えました。それでも、6年生での成績は目標には届かず、秋になり過去問をやっても、なかなか思うようにはいきません。差がつく算数では、息子は独自の解法ばかりで、難しい問題は解けても、最初の計算問題でミスがなくならないなど、希望が見えませんでした。記述の多さが特徴的な国語についても、ポイントを読み取ることはできても、文章として表現することがうまくできないなど、高いハードルがありました。合格力判定サピックスオープンの成績も安定せず、安全志向の夫からは、別の学校を受けるようにという示唆もあり、本人も気持ちが揺らいだことがあったようです。ただ、やはりずっとめざしてきた学校をあきらめたくない、という気持ちは強かったように思います。ぎりぎりの時期の1月後半になって、自分で「芝を受ける」と決めました。
 そして迎えた本番の2月1日、芝を受験しましたが、残念な結果となりました。親としてはある程度想定内でしたが、本人はすっかり合格するつもりでいたので、想定以上にショックを受けていました。そのショックを引きずったまま受けた2日の学校にも連敗。メンタルも最悪となり、これは東京の学校は全落ちかと、周囲は真っ青になりました。しかし、本人は、逃げずに向き合う気持ちを取り戻し、3日に受けた学校から合格を頂くことができました。それを受けて4日の芝に再チャレンジし、逆転勝利となりました。
 小さなころから年齢のわりに幼く、面倒臭がりの次男は、中学受験には向いていないのではないかと悩むことも多々ありました。そんな彼が、受験を通じて、最後まであきらめずに望みをかなえる姿を見て、彼なりに成長していることを実感できたのは、本当に得難い経験であったと思います。これを糧に、今後の学びを広げていってくれたらと願っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ