受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 筑波大学附属駒場中学校

目標に向かって

I.Uさん お子さんの名前 Tくん

 新4年生2月からのサピックス生活と中学受験が終わりました。振り返ってみて、大切だと思うこと、お伝えしたいことは二つあります。
 一つ目は、行きたい学校への思いを大切にすることです。息子は4年生のときに親子で行った文化祭がきっかけで、「筑波大附駒場中に行きたい」と思い始めました。そこにいた中高生の姿や学校の雰囲気がしっくりきた様子で、筑駒のノートを買って帰りました。「筑駒行くぞ」とノートに書いたりもしていました。
 実際に勉強をしてみると、サピックスでの成績は山あり谷ありで、クラス昇降で一喜一憂したり、6年生秋からのテストでも厳しい結果だったりしました。本人が第一志望校を明言しなくなった時期もあり、志望校を見直すべきか親として悩んだこともありました。
 いよいよ出願の時期になりましたが、息子が自分で筑駒の過去問の傾向分析に取り組む姿を見て、息子の「筑駒に行きたい」という強い気持ちを尊重し、信じることにしました。合格することができたのは、本人があきらめないで「目標」を大切にし、チャレンジしたからこそだと思います。この経験は息子にとっても、大きな財産になったことでしょう。
 二つ目は、併願する学校を好きになることです。息子の行きたい学校が難関校だったこともあり、併願する学校選びも苦労しました。受験計画を立てるに当たり、たくさんの学校説明会に参加し、いい学校に出合うことができました。学校の取り組みや校風はさまざまで、偏差値や大学進学実績だけでは判断できません。入学する学校によって、息子の過ごし方も、学校のなかでの役割も変わってくるので、イメージを膨らませて、この学校なら楽しく過ごせると思えるところを選びました。親子で併願校を好きになると、1月受験で合格できたときに、素直に「行きたい学校に合格できたから大丈夫」と安心することができて、2月の志望校受験に平常心で臨めたような気がします。
 行きたいと思う第一志望校はきっといい学校ですが、合格して入学する学校こそ、子どもにとっていい学校になる! という気持ちで応援することが、親として大切だと思いました。
 これから受験される皆さま、サピックスの教材は幅広い問題を扱っていて、特に6年生になると学習が大変になると思いますが、先生方を信じて努力すれば、いろいろな学校の試験問題に対応できる真の実力がつくと思います。そして、本命校の過去問対策が始まったら、「試験問題は、学校からのメッセージだから、この学校の問題が好きだと思えたら、受かるはず」と言って、親子で楽しんで乗り切ってください。
 最後に、3年間ご指導いただき、悩んだときも背中を押してくださった先生方に心より感謝いたします。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ