受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 筑波大学附属駒場中学校

たくましくなった息子の笑顔

M.Aさん お子さんの名前 Tくん

 サピックスでの初めての授業を終えて、教室から出てきたときの目を輝かせた息子の表情は今でも忘れられません。まだあどけない顔を少し興奮させて、「ぼく、ここに通う!」と。サピックスへの通塾が私のなかでも決まった瞬間でした。
 毎週楽しんで通っていた塾でしたが、4年生のマンスリーテストで初めて失敗し、試験の帰り道に泣き出した息子を見て、私は正直なところかなり驚きました。そんなに悔しいのかと。でも、そんな息子を見て、これならいける! とも思いました。そこからは、以前にも増して、息子に必要なサポートはすべてやる日々が始まりました。
 サピックスのスケジュールはとにかく緻密に組まれています。きちんと復習できるぎりぎりの量と日程配分。それに加えて、毎回のマンスリーテストを受験本番のように想定し、家庭学習の反復に加えて、全体を何度もスパイラルを描くように学習させていきました。5年生後半ともなると、内容もぐっと難しくなり、先生方が受験に対応した解き方、記述方法を教えてくれるようになります。こうなると、学習への親の手出しは子どもの勉強の妨げにしかなりません。わからないところは質問教室をフル活用させてもらうようにしました。親の役割は、テキスト類の整理整頓、体調面への注意、そして、息子の気分転換のために毎日1時間の散歩やサイクリング。気分転換後の子どもの集中力はすごいもので、鉛筆を走らせるスピードの変化がその音だけでわかりました。
 6年生になると、緊急事態宣言など想定していなかった事態が次々と起こり、余計な心配事がいろいろと出てきました。このとき、本当に支えになってくれたのがサピックスの先生方でした。答えづらい質問にもはっきりと答えてくださり、保護者会のときにおっしゃっていた「私たち(先生)を頼ってください。使ってください」ということばは本物でした。これをきっかけに、事あるごとに先生のさまざまなおことばを思い出して不安を払拭し、息子の、そしてわが家の第一志望校がさらに変化していきました。SS特訓や過去問演習が始まるころには、偏差値ももう一段階上がり、息子も自分で必要な学習を取捨選択できるようになりました。6年生は息子の心身の成長をとても感じた1年でした。
 振り返ってみると、親子共に終始変わらなかったのは、サピックスを信じていたことです。サピックスはそれだけで完成型です。受験前日の激励のお電話で頂いたのも、そのときの息子と私がまさに必要としていたおことばでした。
 すべての受験校に、「じゃ!」と握手して力強い足取りで入っていった息子の笑顔と、初めてのサピックスの授業から興奮気味に出てきた幼い笑顔がオーバーラップして、合格発表前から私の涙腺はゆるみっぱなしでした。
 ここぞというときに支えてくださったサピックスの先生方、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ