受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 筑波大学附属駒場中学校

ありがとうございました

R.Mさん お子さんの名前 Rくん

 3年前に入室した息子は、今年の2月に中学入試を迎えました。連日の入試で毎回息子は極度に緊張し、振り返らずに入っていきました。今年は会場で先生方の激励はありませんでしたが、前日に先生から電話を頂き、心強く感じました。そして3日間を走り切り、志望校に合格できました。3年間を振り返ると、サピックスの先生方と授業、カリキュラムはすばらしく、自分で勉強内容を工夫する必要はまったくありませんでした。家庭学習の習慣が身につくまでは多少の時間を要しました。また、他塾の模試や講座は申し込まず、検討もしませんでした。
 4年生では、時間の余裕がありました。この時期に、身の回りのことに興味を持てるようないろいろな経験をさせるように意識すると、後に点と点がつながり、各科の役立つ知識になると実感しました。
 5年生から通塾回数も課題も増え、時間の余裕はなくなりました。6年生の夏休みはスケジュールがいっぱいで旅行には行けませんでした。課題のやり残しもありましたが、気にしつつも、いつも次の課題があったので、前に進み続けました。「余力があれば解くように」と指示があった問題は一切解いていないようです。それでも、小学校とサピックスに通い、指示された問題や過去問を解き、多くの模試を受ける6年生の秋は特にとても忙しく、思い出すとあっという間でした。6年生になってからは社会も好きになり、安定した得点源となりました。厳しくも愛情あふれる先生方のご指導のおかげです。息子はサピックスの先生方と友だちが大好きで、授業を本当に楽しみました。濃厚な授業に集中し、家庭学習は最低限の時間で行い、コースは安定していました。通塾や課題はつらくなかったようです。
 入試直前には、まだ終わっていない過去問を、朝から一日に1校分解いてペースをつくりました。過去問は高得点が取れると油断しますが、サピックスで解いたことのある問題が多かったようです。過去問の出来と入試本番の出来には大きな開きがあり、入試の最中に焦りを強く感じました。
 教材の管理は難しいのですが、整理方法に凝らずに、子ども自身が「必要な知識と、考えて対応する力」を身につけ、今後(入試を含む)に役立てることを目的にしました。息子は何度も解き直しすることはなく、過去問のコピーは自分でするようになりました。
 また、先生方に相談すると、いつも的確な助言を頂けたので、信頼してお任せできました。先生方は、大きな個人差に対応した助言をしてくださり、目的を見失わない点がありがたく、親からの視野は狭いものだと感じました。また、遅れてしまった「有名中学入試問題集」と過去問の取り組み方や、筑波大附駒場中の対策についても助言を頂きました。新型コロナウイルス感染症の予防対策に関しても、サピックスは常に生徒を中心に考え、取り得る対策をしてくださいました。
 このような恵まれた環境のなかで、息子は授業を楽しみ、習う内容に素直に興味を持って吸収し続け、自然に強い目的意識を持つようになりました。魅力的な学校がたくさんあるなか、受験校は先生や周りの友だちの流れで絞られて、自分で決めました。合格後に進学先を決めるのには時間をかけましたが、進学先も自分で決めたので、前向きに通えると信じております。
 サピックスの先生方、受付の方、警備員の皆さま、3年間どうもありがとうございました。3年間は宝物になりました。心よりお礼を申し上げます。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ