受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 早稲田中学校

あきらめなければ、何が起きるかわからない

T.Iさん お子さんの名前 Hくん

 「あきらめなければ、何が起きるかわからない」
 これは2021年1月の箱根駅伝において、見事に最終区で逆転を果たして優勝した大学の監督のことばです。受験を目前に控えた息子は、誰から言われるともなく、このことばを取り上げた新聞記事を切り抜き、学習机の前の壁に貼っていました。そして受験本番は、まさにこのことばを地で行くような展開になったのです。
 新4年生の2月にサピックスに通うようになって以来3年間、得意科目の社会を除いては、テストや模試の成績は常に山あり谷ありで、けっして安定したものではありませんでした。しかし、親の心配をよそに、息子は一度も音を上げずに授業に出席し、無事にサピックスに通い切りました。学校とは違う友人たちの存在も刺激になったようです。
 6年生になり、保護者個別面談では「志望校をめざす実力は持っているのだから」と先生に励まされてきました。そのようななかで受験本番を迎えましたが、1月校が不合格となってしまいました。この段階で、文化祭見学や説明会に参加した学校のうち、複数の併願校の受験を決めました。2月1日午後に受けた学校から初の合格を頂いた後、本人の気持ちにも余裕が生まれ、そのままの状態で、以降の受験に臨めたようです。
 2月1日午前に受験した志望校の1回目は、残念ながら不合格。サピックスの先生に合否を報告した際、息子に対し、志望校の2回目の試験に向けて見ておく必要のあるテキストと、そこで復習すべき内容を指示していただきました。息子は、そのアドバイスに従って復習を進めつつ、合間にサピックスの先生方からの入試応援動画を繰り返し見ていました。
 落ち着かない2月1週目を過ごすなかで、私は受験体験記にも目を通していました。冊子の配布やウェブ公開から間もないタイミングでご覧になった皆さまも、ぜひ受験直前期・本番期に再度お読みいただくことをお勧めします(この拙文もどなたかのご参考になればと願います)。
 1回目は残念な結果でも、見事2回目の試験で合格された方の受験体験記をいくつか見つけ、大いに励まされました。特に、受験生ご本人の体験記については、息子にも、「同じ志望校に2回目で合格した先輩がいる」と伝え、読ませることで、多少の安心感と自信が持てたようです。
 そして迎えた2月3日、志望校の2回目の試験の朝。私は「ここまできたら、とにかく楽しんできなさい」と息子を送り出しました。翌日の合格発表を受けて息子も喜び、サピックスに電話で報告。先生からお祝いのことばを頂きました。ここまでの道のりにおいて、冒頭のことばの意味をあらためて息子から教わったような気がしています。
 末筆になりましたが、息子を見守り、支えてくださったサピックスの先生方、職員の皆さま、警備員の皆さまに感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ