受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 雙葉中学校

子どもを信じて見えたもの

Y.Kさん お子さんの名前 Kさん

 2月1日の朝、受験会場へ向かう娘の背中には自信があふれ、頼もしいほどでした。しかし、「これで思い残すことはない」という気持ちで娘を見送れるようになるとは思いもよらない、山あり谷ありの受験生活でした。
 3年生の夏からサピックスに通い始め、4年生で雙葉祭を訪れてから、娘は雙葉中一筋でした。しかし上位クラスから中位クラスを行ったり来たりで、志望校になかなか届かない成績が続き、親としてはやきもきする日々でした。
 それでも1年後に受験を控え、さぁこれから!と気を引き締めた矢先に始まった新型コロナウイルス感染症の蔓延。学校もサピックスも大好きな娘にとって、休校とサピックスの授業のオンライン化は非常に酷でした。大人の立場からは休校期間が勉強時間を確保できる絶好のチャンスと思われましたが、今思うと、それが娘にはかえって大きなプレッシャーとなりました。受験生としてがんばらなければ、という意識はあるものの、膨大な勉強量を前にかえってやる気を失い、ただ長時間机の前にいるだけで、集中力が低下し、いらいらした様子が見られるようになりました。先生に電話でご相談すると、「勉強する時間を絞ること。やることを絞ってしっかりやろう。あなたならできるでしょ」というアドバイスを頂きました。くじけかけた娘は自信を取り戻して、勉強に向かうようになったのでした。
 その後は感染対策をとりながら、最後まで対面授業を継続してくださったサピックスに感謝の日々でした。特にSS特訓で雙葉をめざす同志に出会い、切磋琢磨した時間は日々の学習の励みになりました。しかし、秋からの合格力判定サピックスオープン、雙葉の学校別サピックスオープンは、最初こそ合格可能性80%が出たものの、徐々に低迷するようになりました。特に比較的得意だった国語がひどく、自信を失ってさらに成績が落ちるという悪循環に陥りました。極めつきは11月に受けた雙葉の学校別サピックスオープンでの国語の偏差値41! 親子で志望校変更を検討しましたが、「どうしても雙葉を受けたい」と言う娘の希望を尊重することにしました。ここで親子とも腹が据わりました。先生が模試や過去問の解き直しをていねいに見てくださり、娘はできなかった問題に一つひとつ向き合うようになりました。私も、それまでは娘の成績に一喜一憂し、不安から「もっとこうしたら」と勉強に口を出して、かえって親子バトルに発展することが多々ありました。しかし、ここからはとにかくポジティブなことばをかけて娘に自信を持たせることと、「一生懸命努力すれば、受かっても受からなくてもいいよ」と言って、安心感を与えることの二つを心がけました。この心がけのためか、娘には自分なりに弱点を把握し、対策するという自発的な姿勢が見られるようになり、私もそのがんばりに目が向くようになりました。
 最後までSS特訓のプリントをやり込み、質問教室に通い、当日朝は四ツ谷駅で入試応援動画から力をもらいました。サピックスを信じて通い続けたことで頂いた合格だと思います。いつも娘の長所と短所を見抜き、ご指導くださった先生方、受付・警備員の皆さま、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 女子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ