受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

ぼくのぼくによる麻布のための受験生活

R.Aくん

 2月3日、ぼくはインターネットで合格発表を見るのが怖かったので、麻布中に直接行き、掲示板にて受験番号を恐る恐る確認しました。その瞬間、楽しくもつらくもあった受験生活に終止符が打たれました。
 サピックスに入室したのは新2年生の2月。ずっと上のクラスで「いいぞいいぞ」と思っていたのもつかの間、4年生からクラスが下がり始めました。そこからは6年生までずっと安定しませんでした。特に社会が苦手で足を引っぱっていましたが、「コアプラス」などを中心に、基礎を何度も復習することによって、少しずつ人名などの知識を増やしていきました。
 麻布をめざし始めたのは5年生ごろで、麻布の自由な校風や(一見、怖そうだけれど)、優しく接してくれる麻布生にあこがれたからです。
 しかし、麻布合格までは簡単な道のりではなく、記述や長文など多くの対策が必要で、成績が伸び悩むことも多くありました。それでもSS特訓のライバルたちと切磋琢磨した順位争いや、先生のきめ細かな授業、そしてSS特訓のテキストの復習によって、麻布の問題に慣れていきました。そして、いちばん心がけたことは、やはり基礎の徹底でした。麻布で出るような応用問題を解くためにも基礎が必要だったため、SS特訓の単科講座や平常授業、土曜志望校別特訓のテキストの復習も行いました。そして、最後の学校別サピックスオープンでは、合格可能性80%を取ることができました。
 ここからは、基礎の徹底に使用していたテキスト、入試直前に見ていたテキスト、志望校選びのことなど、もろもろ一気に紹介したいと思います。

〇平常授業の理科・社会の表紙だけを切り取って貼ったテキスト

〇「コアプラス」「知識の総完成」

〇最後はSS特訓のテキストの見直し

〇自分のタイプに合った入試問題かどうかを踏まえて、どうしても行きたいと考えられるところ

 最後に、麻布中、そして麻布中以外の学校にも合格できたのは、サピックスの毎回の授業で自然に力がついたからだと思います。サピックスの先生方、そして応援してくださったすべての方々、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ