受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

私を変えた先生のひと言

S.Sくん

 2月3日、私は麻布中の合格発表を見ていた。結果は合格。先に合格していた渋谷幕張中と、どちらに進学するか迷い、受かっていたら麻布に行こうと気持ちを固めたのが、前日の夜だった。
 私は5年生になるまで、国語で努力をしてこなかった。努力しなくても、そこそこの点数を取ることができていたからだ。しかし、5年生に進級して2回目の授業で、それまでのように家庭学習を出さずにいると、国語のB授業担当の先生に、突然、叱責された。
 「君が家庭学習をやらないことで、失敗するのは結局、君だ。私はいいけど君はどうなの?」
 そのとき衝撃を受けてからは、国語の家庭学習を欠かさずやるようになった。国語の成績は著しく上がり、上がったまま安定した。
 そして6年生になり、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起こった。小学校が休校になり、サピックスの対面授業も中止された。一日の大半を遊びに費やすようになり、親が仕事から帰ってくる時間帯になると慌てたことを覚えている。
 新型コロナの休み明け、ほかの生徒との学力差が大きくなっていて、「自業自得だ」と悔やんで努力した。5年生のころにつくり上げ、行い続けてきた勉強のサイクルを崩してサボった影響は大きく、クラスを維持することはできたが、夏の終わりまで調子が戻らなかった。「サボり」は禁物であると痛感した。
 合格発表を見ても喜びが湧き上がることはなく、ぷしゅーっと、気が抜けただけだった。
 成績が乱高下した私が、後輩に示せることを考えたところ、次の三つになった。

①受験は努力以外に、運も作用するため、思うようにいかなくても気に病まないこと。

②「息抜き」と「サボり」は違うということ。

③周りの人に感謝し、よくやった自分を称賛する気持ちを忘れないようにすること。

 最後に、サピックスの先生方、3年間ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ