受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

サピックス

Y.Tくん

 ぼくは3年生の夏休み明けにサピックスに入りました。最初のコースは真ん中あたりでした。そのときはテストに慣れていなかったため、テストのたびにおなかが痛くなっていました。しかし、サピックスでテストの回数を重ねることで、毎回緊張することはなくなりました。
 4・5年生のときは、理系科目と文系科目の差が開いていき、苦手であった文系科目を好きになれませんでした。それでも授業は楽しかったので、授業でほとんど理解して家で復習するという生活をしていました。
 6年生になってからは新型コロナウイルス感染症の流行により、校舎で授業を受けられなくなってしまいました。それまで授業で理解していたぼくは、家で受ける授業には集中できず、成績が下がってしまいました。そのときに、授業がとても大切であったということを学びました。そのため、再び校舎で授業が受けられるようになってからは、授業に集中するということを意識してやっていました。このときは志望校を開成中にするか麻布中にするかで迷っていましたが、志望校は夏休み前に決めたほうがいいと言われていたこともあり、開成と麻布のいいところを教えてもらった結果、麻布に決めました。そして、夏期集中志望校錬成特訓で、最終的に志望校を確定しようと思っていました。夏期集中志望校錬成特訓では、周りの生徒と受ける授業が楽しいうえに、麻布の問題が自分に向いていたため、麻布に決めました。
 麻布に合格したのは、SS特訓のおかげといっても過言ではありません。なぜなら、麻布の問題に似た問題を解き、それを先生が解説してくれるため、麻布の問題をどうやって解けばいいかがわかるからです。そして、最後のほうでは、麻布コースでクラス最下位を取ったこともある国語で、2位を取ることができました。このときに、夏休み前に志望校を決めておいてよかったと思いました。薦めてくれた先生に、とても感謝しました。
 受験本番の前日にもらった激励電話では、「緊張せずに、麻布の問題を楽しんできて」と言われて、安心して挑むことができました。
 今考えると、必要だったのは、授業を集中して受け、本番で自分の実力を出し切ることだと思います。
 ぼくに教えてくださった先生方に、感謝しています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ