受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

SDGsなぼくの受験勉強

Y.Mくん

 2月1日、ぼくは緊張することなく、受験を終えることができました。
 第一志望校として麻布中を意識し始めたのは、5年生の春に開催された文化祭を見学してからでした。それまで多くの学校の文化祭に行ったなかで、麻布中は先輩たちが自由で伸び伸びとして楽しそうな学校生活を送っているように感じられ、自分もこうなりたいと目標を持つようになりました。
 6年生の秋から始まったSS特訓の授業では、多くの刺激を受けました。ライバルであり友だちでもあるみんなと同じ目標を持ち、競い合ったことは最高の思い出です。また、知的好奇心を刺激する授業内容はとても楽しく、サピックスに通うことができて良かったと思いました。
 しかし家では、週4回の授業の復習に追われる日々でした。そんななかで、ぼくが合格を勝ち取ることができた理由を、自分なりに挙げてみました。

①授業では集中して考え、話を聞き、その場で覚える。

②めりはりをつけた勉強を意識する(適度な息抜きが大切)。

③サピックスの教材だけで十分なので、むやみにほかの教材に手をつけない。

④問題は、自分のものにするまで繰り返し解く。

⑤無理をしない(受験勉強も地球環境も持続可能が大切)。

 ぼくにとっていちばん難しかったのは②です。6年生の春、勉強と息抜きがうまくかみあわず、中途半端になってしまい、成績が下がってしまったことがあります。そのためぼくは、一日のスケジュールを自分でつくり、勉強のペースをつかむことにしました。
 1月はSS特訓の復習に時間を費やし、麻布中の入試対策をしました。教科ごとに簡単に書くと、まず算数は、問題の独特な切り口に慣れるようにしました。国語は、記述問題同士のつながりを考えました。理科は、リード文をしっかりと読むようにして、社会は、具体的に書く練習をしました。
 今は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、大変なことがたくさんあると思いますが、自分を信じて、合格への強い気持ちを持って、最後までがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ