受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

ぼくの合格体験記

T.Yくん

 「きっと気に入ると思いますよ」。小さいときにお世話になった幼児教室の塾長先生が、息子さんの通っていた、麻布中という学校について教えてくれたことがきっかけで、いつしか麻布を意識するようになった。当時通っていた幼稚園は、とても自由なところで、遊びも行事も子ども中心。みんなと違うところがあっても「すてきだよ」と言ってもらえる、そんな幼稚園が大好きだった。ぼくは麻布という場所が、大好きな幼稚園に似ているかもしれないと、期待に胸が膨らんだ。低学年のとき、父に初めて連れていってもらった麻布の文化祭は、当時のぼくには刺激的だったけれど、同時にたくさんの居場所がありそうな雰囲気を、ひと目で気に入った。
 サピックス生活を振り返ると、不思議と楽しい記憶しかない。もちろん、つらいこともあり、サピックスのSはドSのSと本気で信じていた。でもそれ以上に、出会えた先生や同志たちの存在が大きかったと思う。「めちゃくちゃがんばらないといけないけれど、めちゃくちゃ君に合っている学校だよ」とか、「がんばって麻布に入らないと、ほかに受け入れ先はないぞ」などという過激なことばで、ぼくを鼓舞してくれたサピックスの先生たち。授業で叱られたとき、おもしろおかしく慰めてくれたり、マンスリーテストの丸付けを競い合ってしたりした、帰りが一緒のメンバー。新聞やニュースからだけでなく、人として知っていてほしいことを、独断と偏見でまとめてくれた「母ちゃん時事ノート」(だいたいの学校の問題に、このノートの内容が出題されていたのには驚いた)。そして、いつも応援してくれた家族には、感謝している。
~来年の受験生諸君へ~

①サピックスからもらう白い合格鉛筆を使うこと。消しゴムを出し忘れたとき、この鉛筆に消しゴムがついていて助かったからだ。

②たまたまかもしれないが、麻布の机はがたがたしているものが多く、同じ教室に3人くらい、紙や段ボールを挟んでいる人がいた。厚紙を小さく切ったものを数枚、筆箱の中に入れておくとよい。

③大きな会場にはいろいろな人がいるので、あまり気にしないほうがよい。トイレは情報交換をしやすい場所だが、終わった試験のことを引きずってしまうこともあるので、情報交換もよしあしだと思う。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ