受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

果報は寝て待て

S.Iくん

 ある年の2月3日のことです。その日の昼、とても眠かったので、母に許可をもらって昼寝をすることにしました。しかし、自分は内心「あること」を心配していて、あまり眠れませんでした。その「あること」とは、念願の麻布中の合否でした。そう、2月3日は麻布の合格発表の日だったのです。だから、とてもそわそわしていました。そして、合格発表が始まる午後3時になりました。心拍数でいうなら、200を超えていたのではないかと思うほどの緊張感でした。それまでの他校の入試結果を待つのとは異なっていたので、自分は自分らしく結果を受け入れようと腹を決めました。そこに、父からの電話を取った母が、喜びの舞を踊っていました。なんと、麻布に受かっていました。それまでの緊張が解きほぐされ、心の底からうれしくなりました。その瞬間、あることわざが頭をよぎりました。それは、「果報は寝て待て」です。この経験をふまえ、「果報は寝て待て」を実感できました。これからは、このことわざを自分のモットーにしていきたいと思います。ことわざ、ありがとう。
 ここからは、これから麻布を受ける人、また、ほかの学校を受ける人への伝言です。伝えたいことを箇条書きでまとめてみました。

自分を信じて、「合格するぞ!!」という気持ちを絶対に忘れてはいけない。

いろいろなミスを絶対にしてはならない。

それまでの自分の成績についてくよくよ悩まずに、プラス思考で前向きに考える。

とにかく問題を楽しみ、のめり込む。

同じ教室にいる受験生は、これからの友だちだ。「昨日の敵は今日の友」と考えよう。

自分が苦手な分野の復習をしっかりして、自分の言いたいことが先生にうまく伝わるように、ていねいに問題に取り組む。

 後輩のみんな、健闘を祈ります。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ