受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

サピックス最下位から麻布をめざす!!

J.Oくん

 1年生のとき、ぼんやりとサピックスに通い始めた。偏差値30台はざらで、最初は全校舎でびりだった。ぼくは生物が好きで、常に頭は生物でいっぱいだった。
 5年生のときに訪れた文化祭で、麻布中の生物部に入りたい! と思い、麻布を志望した。6年生の春、新型コロナウイルス感染症の影響で、学校や塾が休みになったが、勉強には熱が入らず、成績も上がらず、麻布をあきらめかけた。成績のことで母ともめ、サピックスの授業前に逃亡して、近くの川沿いを河口まで約10キロ歩いた。何事にも中途半端だったぼくが、何か一つのことを最後までやり遂げたいと思ってのことだった。この出来事が勉強をがんばるきっかけになった。それでも、偏差値が55を超えたのは1回しかなく、一度も上位クラスには入れなかった。麻布中の学校別サピックスオープンで、一度合格可能性50%が取れただけで、合格力判定サピックスオープンでは、合格可能性は20~40%だった。でも、9月にSS特訓が始まったころから、自分で学習スケジュールを組むようになり、合格を信じて最後まで勉強した。1月入試に合格したことで、気持ちに余裕が生まれた。麻布中の入試前日にサピックスの先生に励まされ、「これだけやったから大丈夫!」と自信が出てきて、気負わず麻布入試に挑めた。
 合格発表の日には「せっかくここまでやってきた結果を、自分の目で確かめたい」と思い、直接会場まで見に行った。掲示板に自分の番号を見つけたとき、「あった!」。何度もあきらめかけた合格を勝ち取れたと知り、とてもうれしく、「あきらめなくてよかった」と思った!
 最後に、麻布を受験する皆さんへ。

○国語…漢字などの知識問題はミスに気がつきやすいけど、配点も低いので、引きずらないこと! 志望校対策教材で誘導に乗る力をつけ、平常授業で知識を固めよう!

○算数…わからない問題はとばすこと! 独特な問題が出題されるため、平常授業で基礎を固めよう!

○社会…「コアプラス」などで知識を固め、自分の思い込みを捨てて、問題文を読もう!

○理科…「コアプラス」などで知識を固め、身近な現象や科学ニュースを説明できるようにしておこう!

○その他…平常心を保とう! 周りに変なことを言う人がいても、無視しよう!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ