受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

つらかった。だから受かった

K.Oくん

 ぼくは新4年生のはじめにサピックスに入室しました(自分の意思で)。4年生のころは、ただ授業を楽しく受けていられたのですが、5年生になると受験を見据えた勉強になり、6年生ではもっと厳しくなっていきました。そんななかでいちばん記憶に残っているのは、夏期講習のころです。新型コロナウイルス感染症の影響で授業の日程がぎゅうぎゅう詰めで、家庭学習が追いつかず、やり残してしまいました。また、サピックスオープンの結果が良くて浮かれていたせいで、最後のマンスリーテストでは、ぼくの約3年間のサピックス人生のなかで最低の偏差値をたたき出し、4年生の中ごろから在籍し続けていた最上位クラスから初めて転落したことも苦い思い出です。その主な原因は、苦手な算数で過去最低の偏差値を出し、得意な国語でも引っぱり上げられなかったことでした。
 そんなぼくが麻布中と栄光学園中に合格できたのは、やはり支えてくれた両親とサピックスの先生方のおかげです。4・5年生のときの、隣の教室で生徒を叱る声がするとドアを全開にする算数の先生、体験授業にナスを持ってきた「全国のスギを切り倒してやりたい」と言う(花粉症の)社会の先生、伸びる金属の棒(長かった!)をいつも持っていた理科の先生、生徒を叱るときは怖い「アウト~」をよく宣言していた国語の先生、6年生のときの優しく、説明がわかりやすかった算数の先生、巨大でおもしろい国語の先生、優しくも厳しかった理科の先生、優しくて人気があった社会の先生、本当にありがとうございました。おかげで試験本番でも緊張せずに受けられました(その代わり、合格を知ったときも泣きませんでした)。ぼくから皆さんに言えることは、「『基礎力トレーニング』をサボらない」「適度に休む」「終わったことは忘れる」。これだけです。
 最後にぼくの長年?の疑問を書きます。国語テキストの表紙「月あ木るのま」って何ですか?!
 がんばれ受験生!! 祈・合格!! ファイト!!←ぼくからの精いっぱいのエールです!!
 麻布で待っています!! ぜひ、声をかけてください

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ