受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

ぼくのミラクル

N.Kくん

 ぼくがサピックスに通い始めたのは、新4年生の春でした。そのころからサピックスの刺激的な授業を毎回楽しみにしていました。
 5年生の春に麻布中の文化祭に行ったときに、自由で伸び伸びとして楽しそうな雰囲気にあこがれ、麻布中合格をめざしてがんばるようになりました。
 6年生になり、勉強の内容がさらに難しくなってから、算数と理科の成績が大きく下がってしまったので、この2教科に力を入れるようになりました。
 9月になり、SS特訓が始まりました。はじめは麻布特有の記述に手こずっていましたが、次第に慣れ、問題を解くことがとても楽しく感じられるようになりました。そのうち、SS特訓のコース内での点数や、麻布中の学校別サピックスオープンなどの模試の成績が比較的安定するようになりました。でも、算数がとてもできない回があったので、SS特訓の算数プリントを繰り返し復習して、自信をつけていきました。しかし、自信がついてくると油断してしまい、1月には集中力が切れて気持ちが浮つき、親や先生方にも心配をかけてしまいました。
 そして1月に受けた第二志望校に落ちて、とてもショックを受けました。先生から「最後まであきらめない」というメッセージをもらい、なんとか立ち直りましたが、そのすぐ後に麻布中の入試があったので、精神的につらかったです。
 けれども入試前日には、先生から激励の電話を頂いて自信を持ち、リラックスして受験に臨むことができました。合格がわかったときは、自然と涙を流していました。ことばで表せないくらいうれしかったです。がんばってきたことが報われた気がしました。こんな経験は今までの人生のなかでなかったので、ぼくにとってとても大切なものになりました。
 合格というミラクルを起こせたのは、自分が努力したからというだけでなく、家族や先生方の支えがあったおかげでもあります。本当にありがとうございました。奇跡は、努力し、強い思いを持ち続ければ必ず起こすことができる、ぼくはそう信じています。新6年生の皆さん、ミラクルを巻き起こせ!! 祈・合格。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ