受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 栄光学園中学校

ぼくの受験記

Y.Sくん

 2月3日、ぼくは浅野中の入試を終えて、母と2人で大急ぎで家に帰りました。家には父もいました。父と母とぼくの3人で栄光学園中の入試の合否の発表を、今か今かと待っていました。午後2時になり、合格発表のサイトを開き、ログインしました。一瞬目をつぶりましたが、恐る恐る目を開き結果を見てみると、合格でした。ぼくは喜びのあまり跳び上がってしまいました。
 ぼくがサピックスに入室したのは新5年生の2月でした。最初は真ん中より下のコースだったけれども、徐々に成績も良くなり、真ん中より上のコースをキープできるようになっていました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響でサピックスの対面授業が一時は休講になり、勉強をなまけてしまったせいで、6年生の夏ごろ(夏期講習ぐらい)になると成績がだんだんと下がり始めました。コースも上位コースにいましたが、夏期講習中に三つも落ち、夏期講習の最後にはさらに落ちてしまいました。そのうえ、第1回合格力判定サピックスオープンでは、栄光学園の合格可能性が50%以上取れていたのに、最後の第4回では、栄光をはじめ、浅野中や駒場東邦中など、すべての学校の合格可能性が50%以下という悲惨な結果になってしまいました。ショックを受けました。そして、とうとう1月という受験勉強のラストスパートの時期に入りました。
 1月からは、とにかく自分のことを信じて、ひたすら「コアプラス」などで知識を定着させ、サピックスオープンやSS特訓・土曜志望校別特訓のプリント、過去問の間違えたところをしっかりとやりました。それでも、生活リズムを崩さないように、食事の時間や寝る時間をきちんと決めて生活しました。
 そして、いよいよ受験が始まりました。試験中は前の日の結果や次の日のことなどを考えず、無心になって問題に取り組むことが大切です。そうすれば、きっと4月には第一志望校の制服を着られることでしょう。
 受験はまさに下剋上の世界といっても過言ではありません。スタートが遅くても途中の成績が悪くても、あきらめずに最後の2月まで最も努力をして実力をつけた人が勝つ世界です。そのような世界で勝つために、根気を持って、粘り強く勉強を続けてください。応援しています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ