受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

けっしてあきらめない

K.Nくん

 2月3日、開成中のインターネット掲示板で自分の番号を見つけた瞬間、努力が報われた喜びが込み上げてきました。
 ぼくは、4年生の春にサピックスに入室しました。最初はいちばん上のクラスを維持していたものの、だんだんと上から1番目と2番目のクラスを行き来するようになってしまいました。
 6年生になり、習っていたピアノとテニスをやめ、9月にはいよいよ朝から晩まで勉強漬けのSS特訓が始まりました。ぼくは開成コースに入りましたが、1回目の学校別サピックスオープンの結果は合格可能性が40%。このままではまずいと思い、慌てて勉強しましたが、臨んだ2回目の結果は20%で、志望校を変えようかとも思いました。しかし、「冬期講習と正月特訓で成績はまだ伸びるから」という先生のことばを信じ、解いた問題の復習と過去問の直しをひたすらやりました。そこからだんだんと自分なりの手応えを感じるようになりました。
 運命の2月1日、父と母に見送られて臨んだ本命の開成中の試験。国語は順調でしたが、算数が例年と異なる形式で、大問3が難しく焦りました。2月2日、聖光学院中の試験でも、算数が異常に難しく、手応えは小さかったです。
 合格発表の2月3日は、出来が悪いと思ったほうが受かっているという先生のことばを信じました。結果的に全勝で、ぼくの受験は幕を閉じました。
 3年間ぼくを指導し、合格へと導いてくれたサピックスの先生方、本当にありがとうございました。そして、開成中の試験に臨む後輩の皆さんにはアドバイスがあります。
 「国語」は文章中の細かい表現に気をつけて、答えを導き出すこと。「算数」は取れるところを必ず取ること。難しい問題は解けなくても大丈夫。「理科」「社会」は問題をしっかり理解し、知識を最大限に生かすこと。そして、最後までけっしてあきらめず、自分を信じることです。行きたい学校に受かる自分を信じて努力すれば、必ず合格は勝ち取れます。開成中で待っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ