受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

地道な努力

E.Nくん

 2月3日、試験を終えて出てきたぼくは、すぐに母の携帯の画面で、第一志望校の合格発表を確認した。あった! ぼくの受験番号。喜びが込み上げてきて、とにかくうれしかった。
 ぼくがサピックスに通い始めたのは、4年生の夏ごろからだった。最初のクラスは下のほうで、4年生が始まって半年近くたっていたこともあり、あまりついていけずにいた。そこで夏休みから努力したことで、少しずつクラスが上がっていった。しかし5年生になってすぐ、長く体調を崩してしまった。原因はおそらく睡眠不足だったと思う。そのせいで成績も落ちてしまったので、その後は睡眠を十分とるよう心がけた。6年生になると、すぐに新型コロナウイルス感染症によって自粛生活になったが、その間に基礎を固めた。また、後期にはSS特訓が始まり、それまで漠然としていた目標を、志望校として強く認識し始めた。最初は上手に解けなかった問題も、過去問やテキストをやり、復習しているうちに、少しずつ解けるようになり、冬期講習や正月特訓では、新しい問題でも解けるようになった。そして、ここからペースを上げて受験前日まで集中して勉強した。合格発表を見たとき、あんなにうれしかったのは、地道に努力を重ねてきたからだろう。
 ここで、ぼくが後輩の皆さんにお勧めしたいことを紹介する。①すべての科目で基礎を固める。算数は「基礎力トレーニング」(ぼくは今月号と先月号を並行してやっていた)。理社は「コアプラス」、国語は漢字と「言葉ナビ」を固める。②復習をして確実に点数につなげる。③十分な睡眠と休みをとる(続けてやり過ぎると集中力が切れやすくなる)。④自分を信じる。人と比べずに過去の自分と比べる。
 最後に、受験を支えてくれた先生方をはじめ、すべての方々に心から感謝します。そして後輩の皆さんには、志望校をめざしてがんばってほしいです。祈・合格!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ