受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

この日をきっと忘れない

Aくん

 2021年2月3日。開成中の合格は、筑波大附駒場中の試験が終わって、学校を出たところで母から知らされました。その足で開成に合格証をもらいに向かったのですが、気力を使い果たしていて(筑駒はそういう学校です)、公園で休憩しながら行きました。開成の教室で校章と名前が印刷された合格証を手渡された瞬間、うれしさと安心がやってきました。
 その2日後。筑駒の合格者掲示サイトにつながったのは午後3時45分。そこにぼくの受験番号がありました。ガッツポーズして何度もジャンプしました。この2月の気持ちは、ぼくは忘れないと思います。
 新4年生で入室し、4月から最上位コースでそのまま終了。メダルも全色あり、うれしかった思い出です。でも、成績を意識して点数をうまくまとめるより、たとえ失敗してもおもしろそうな問題は全部解くと決め、6年秋までそうしていました。先生からも「経験の幅と器を広げなさい」と言われていました。初見問題に強い、解くのが速いと言われるようになったのはそのおかげだと思っています(「大問1を間違えるな」と6年生の夏まで叱られましたが)。
 先生に言われたとおり、失敗と成功の経験で強くなります。ぼくは正月特訓でも、最終科目でガス欠になった回や、コースの最上位からほぼ最下位まで席次を落とす回を経験しています。でも、おかげで本番の前に失敗のパターンがわかり、ブレーキの大事さも知ることができました。すぐに立て直せた自信も本番のお守りになりました(本番の緊張は歯が鳴ります。試験が始まれば解ける)。
 1月は集中が続きます。疲れていたのか、最終週に突然起き上がれなくなり、終わったか?と焦りましたが、ゆっくり休んで(3日間鉛筆を持っていません)すっきりして、残っていた過去問を解いたら自己最高点が出ました。休養とリフレッシュは最後まで大事です。
 先生から頂いた言葉には忘れられないものがたくさんあります。この先も大事にしたいです。本当にありがとうございました。先生方、お世話になったすべての方々、コースの仲間たち、それから家族に心から感謝します。
 合格は想像以上にうれしいです。学校ごとに合格証のメッセージも違います。感動します。来年経験してください。桜、咲け‼

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ