受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

合否を分けた夏

J.Sくん

 ぼくは、サピックスに入ったときは開成中をめざしていました。しかし、算数の授業についていけなくなり、だんだんコースも下がっていき、6年生の夏期講習前のテストでは、真ん中より下のコースになってしまいました。そのため志望校を変更し、開成は志望校からは外してしまいました。
 しかし、夏休みにどれくらい勉強したかで実力に差が出るというのは、本当でした。新型コロナウイルス感染症の影響で夏休み中も学校の授業があり、学校と塾の両立がとても大変でしたが、メモをしっかり取ったり、算数などで苦手な単元を洗い出して、その単元のテキストを、特に重点的に復習したりしました。その結果、夏休み明けのマンスリーテストでは、最上位コースにいくことができ、その後も上位のコースにとどまることができました。
 そして1月の千葉3校の受験では、見事3校とも制することができたのです。しかし、ぼくは心のなかで、最初にめざしていた開成を受けるべきかどうか迷っていました。正直なところ、千葉3校をすべて制することができ、気がゆるんだぼくは、早く受験を終わらせたくて仕方がなかったのです。一応開成を受けることにしたものの、その対策にはあまり身が入りませんでした。そんなときに、サピックスの授業で先生が「気をゆるめるな」と言ってくれたおかげで、ぼくはゆるんでいた気を引き締めることができ、開成の対策に専念することができました。しかし、過去問では思うように点数が取れず、前日に取り組んだ過去問でもあまり良い結果は出ませんでした。
 本番では、算数はいつもより少し取れたような気はしましたが、理科で苦手な単元の力学が出てしまい、問題を最後まで解き切ることができませんでした。そのため良い結果は望めないだろうと思っていたので、2月3日校の受験が終わった後に、家族から開成に合格したと告げられたときには、とても驚きました。
 これからは、開成の授業についていけるようにがんばっていこうと思います。皆さんもがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ