受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

「A(あきらめない)・K(感謝する)・B(believe)」の教えを大切に!!

R.Yくん

 ぼくの受験勉強は、サピックスに入室した新4年生の2月から始まりました。5年生の秋までは、大好きなサッカーや水泳などの習い事と両立していました。忙しい日々でしたが、気分転換にもなり、勉強により集中できました。
 6年生の秋以降、過去問を解き始めましたが、なかなか点数が伸びず、正直言って焦りました。しかし「今は間違えてもいい」という先生のことばを信じて、間違えたところをノートにまとめたりして徹底的に覚えました。このノートは、受験会場にも持参しました。
 受験直前は、新しい問題は解かず、とにかくぼくの苦手な社会の知識を覚えることに専念しました。社会や理科の知識は、覚えれば覚えるほど点数につながるので、ぎりぎりまで粘り強くたくさん覚えてください。
 受験前日、サピックスの先生から激励の電話があり、話しているうちに、いよいよ明日だと緊張してきました。夜は、験を担ぎ「試験にきっと勝つ!」ということで、縁起の良い名前のチョコレートと豚カツを食べてゆっくり過ごしました。
 受験当日は、行きの電車の中からすでに緊張していました。1月の栄東中、市川中、渋谷幕張中にすべて合格していたので、緊張しないと思っていましたが、やはり第一志望校の試験は別物でした。受験会場の席に着いたところで、緊張はピークに達し、ぼくは緊張をほぐすために、深呼吸をしたり、ほかのことを考えたりしました。そして、一つの教科が終わるごとに、その教科のことは忘れ、ミスがあっても次の教科に影響させないようにしました。
 開成中の合格発表日の2月3日は、筑波大附駒場中を受験していました。試験が終わり、校舎を出てすぐに母の携帯で合格発表を見ました。合格者一覧に自分の受験番号を見つけたときは、母と一緒にうれしい悲鳴を上げてしまいました。これも今まで支えてくれた家族やサピックスの先生方のおかげです。受験で大切なのは、最後の一秒まであきらめないことです。皆さんも自分と先生方を信じてがんばってください!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ