受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

勉強嫌いのぼくの受験生活

H.Mくん

 たいへんありがたいことに、ぼくは五つの学校から合格を頂きましたが、ぼくは勉強が嫌いです。それでも、第一志望校の開成中に合格することができました。その理由の一つは、サピックスの授業がおもしろかったからだと思います。なぞに愛を語る先生や、変なタイミングでがっつりお弁当を食べていた友だちなど、ほんとにいろいろな先生や友だちがいて、サピックスはとても楽しかったです。そのような楽しい環境であったため、授業にも集中して取り組むことができました。サピックスでの授業は小学校時代のいい思い出になったと思います。
 ぼくが合格した理由のもう一つに、新型コロナウイルス感染症の影響で、学校やサピックスが休みになったときに、理科と社会を猛勉強したことが挙げられます。そのとき、ぼくはとにかく時間があり、暇で仕方がなかったので、勉強のなかでもまだ好きなほうの理科と社会をとにかくやりまくりました。「コアプラス」を全部やったり、5年生のテキストを全部見直したりして、ずっと勉強していたため、腰がめちゃくちゃ痛くなりました。けれども、理科と社会は得意分野になりましたし、勉強への拒絶反応も出なくなりました。皆さんも、時間があるときには、好きな教科の勉強をしたらどうでしょうか。力がつきますよ。皆さんのなかにも成績が芳しくなく、落ち込んでいる人がいるかもしれません。しかし、勉強が嫌いなぼくでも、第一志望校に合格できたのだから、最後までがんばってください。ここで、ぼくから合格するためのアドバイスを紹介します。

①よく寝て、よく食べて、体調管理を怠らないこと。

②親と対立しないこと。

③お風呂とご飯の時間はしっかりと休むこと。ぼくのお勧めは、はやみねかおる先生の作品を読むことです。

④成績に一喜一憂しないこと。成績がずっと良かったり、ずっと悪かったりする人はいません。

⑤授業ノートは隅々まで何度も見直すこと。

 皆さんの合格を祈念しています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ