受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

思い切って合格をつかみ取れ

I.Kくん

 「ぼくの合格は、きっとぼくだけで成し遂げられることではなかったなぁ」
 これは、ぼくが合格を知ったときに、まず思いついたことばです。なぜこのことばを思いついたのでしょうか。それには、さまざまな理由があります。
 まず一つ目は、友だちの存在があったことが挙げられます。それは、友だちと一緒に授業を受けることが、とても楽しく、またとてもやりがいがあったからです。さらに、友だちがいることで、切磋琢磨できたことも挙げられます。
 二つ目は、先生や家族の協力が挙げられます。先生は、なかなか成績が安定しなかったときにアドバイスをしてくれたり、もっと勉強に集中できるように指導をしてくれたり、入試本番のアドバイスをしてくれたりしました。また、1月に受験した学校で、あまり力を出せず、2月の学校に対して不安になってしまったこともありましたが、そのとき家族は、ぼくの不安を和らげるために励ましてくれました。おかげで、2月の学校は落ち着いて受験することができました。
 ここからは、前の話とは多少違う話をしたいと思います。実はぼく、2月入試が始まる前日に、先生からかかってきた激励の電話で、「ぼくの合格の電話を待っていてください」と、先生に宣言をしたのです。なぜこのように先生に宣言をしたのかというと、当時の成績は、受かるか受からないか、ぎりぎりの状態だったのです。そんな状態であったからこそ、受からなかったときの逃げ道を残さないようにして、もっと思い切って受験に臨もうと考えたのです。
 ついに合格発表の日、結果は合格という良い結果でした。
 これから受験に向き合っていく皆さん。本当に最後の最後まで力は伸びていくし、何が起こるかわかりません。思い切って受験に臨めば大丈夫です。自分の力を信じてがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ