受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

仲間と共に

Y.Yくん

 ――2月1日、本命である慶應普通部から出てきたぼくは笑顔だった。それは合格したという自信であふれていたからだ。
 3年生のときに入室したぼくはとてもひどい成績だった。しかし、親や先生方の協力により、4・5年生のときには常に上位のコースをキープできていた。とても順調だと思っていた。
 しかし、6年生の前期に、大きくコースを落としてしまったことと、新型コロナウイルス感染症の影響で休講になったことが重なって、上のコースに上がる機会を逃してしまった。それでも、立ち直ることができたのは、親や先生方、共に競い合う仲間がいたからであった。
 そして、SS特訓の志望校別講座では、開成コースで共に仲間とがんばりながら、基礎を固め、応用問題にも取り組んだ(ぼくは開成コースにいながら、開成中を受験しなかった)。その後、冬期講習では慶應コースで、新たな仲間たちと競い合いながら過ごした。
 これらを見てわかるとおり、ぼくはさまざまな人々に助けられながら、受験に挑んできた。
 そうして迎えた入試本番。慶應普通部では、志望校に合った対策をしていたため、国語や理科、社会がよくできたと思う。そういうことで自信が生まれたからか、浅野中などの学校にも合格し、大勝利を得た。
 これから受験する皆さんへ。受験するに当たって、ぼくが伝えたいことは二つある。
①基礎を定着させる。
②仲間を大切にする。
 ②についていうと、ぼくは仲間がいたことが励みになった。通常は、仲間をライバルと見てしまうことが多いかもしれない。しかし、同じ中学に行くかもしれない同志でもある。そのような人々と高め合えるのは、最高なことだと思う。
 最後に、受験を支えてくださった先生方や家族に感謝の気持ちを伝えたい。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ