受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 武蔵中学校

武蔵合格への道のり

K.Sくん

 プルルルル…。
 「お父さん、どうだった?」
 「受かっていたよ」
 「本当!? やったー!!」
 これまでの、ぼくの長い道のりを紹介します。
 ぼくがサピックスに入室したのは5年生の初めでした。それまではまったく勉強などしておらず、ぎりぎり下から2番目のコースへの入室で、うまくやっていけるかどうか心配でした。しかし、「サピックスに入ることができたんだからがんばるぞ!」と自分を励まし、先生方の真摯なご指導の下、ぼくのコースはテストごとに上がっていきました。6年生の初めには、上から3番目のコースに食い込むことができました。
 そして6年生の夏期講習。想像以上にハードで、常にコースでの人の入れ替わりが激しかったのを覚えています。そのなかで特に厳しかったのが社会です(サピックス生の皆さんは、どんなに忙しくても絶対に復習を忘れないでください)。しかし、夏期講習後に、努力した分の結果はついてきてくれて、ぼくのコースはさらにもう1個上がるとともに、苦手な教科をある程度克服することもできました。
 その後、秋には日曜日に行うSS特訓というものがやってきました。午前には夏期集中志望校錬成特訓と同じように、武蔵中をめざす人たちが集まって志望校の対策を学び、午後には単科講座で、選択した教科のさまざまな単元を復習しました。
 それから、皆さんにも勉強に疲れて休憩したくなったり、自分が本当に受かることができるのかと不安になったりするときがあるでしょう。そんなときには(人それぞれですが)、外に出て運動する、音楽を聴くなどして、気持ちを落ち着かせるとよいと思います。ちなみにぼくは、ヨルシカの曲を聴いていました。
 そして、受験前日には神社でお参りをしてきました。二つの神社に行きました。皆さんも、受験の前の日には生活のリズムを崩さないで過ごしてほしいです。
 皆さん、がんばってください!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ