受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 武蔵中学校

サピックスの3年間

L.Mくん

 ぼくがサピックスで勉強し始めたのは、新4年生の2月からだ。サピックスの授業はおもしろく思えたが、怖い先生もおり、ぼくはサピックスの帰りに、親に授業の内容を話したり、怖い先生の悪口を言ったりしていた。だが、今思えば優しい先生でも怖い先生でも、ぼくたちに熱意を持って教えてくれていたのだと思う。
 そんなぼくが本気で学習に取り組むようになったのは、6年生の夏ごろ、志望校を武蔵中に決めたときからだ。それまでサボりがちだった「基礎力トレーニング」をやるようにし、ふだんの学習もだらだらやるのではなく、1科目ごとに集中して行うように心がけた。また、やる気が持てないときは、志望校のホームページ(ただし第一志望校のものだけではだめ)の「学校生活」などの部分を見るとモチベーションが上がったので、それも活用した。
 さらに、受験の天王山といわれる夏休みの夏期講習だが、6年生にもなるとかなり大変だった。ぼくの場合、学校とサピックスが両方ある日には、朝5~7時と、学校から帰ってきてからサピックスへ行くまでの時間と、夜の9~10時ごろに時間をやりくりして勉強した。これは後々かなりの自信につながったと思う。
 そして、武蔵の受験当日である2月1日。前日の夜は、9時ごろまでサピックスの対策(理科・社会)プリントを見て過ごした。また、算数の試験前にはサピックスの算数のテキストを解いて頭を慣れさせた。これらのことは、実際の試験でかなり役立った。もう一つ、緊張についてだが、ぼくの場合、国語と算数ではとても緊張したものの、算数に自信があったせいか、理科・社会ではむしろどんな問題が出るか楽しみにしていた。どうせリラックスするなら、これくらいリラックスしたほうがむしろ集中する(かもしれない)。
 最後にアドバイス。算数は「有名中学入試問題集」(通称電話帳)と「基礎トレ」をすること。理科は「コアプラス」、社会は絶対的にデータバンク、国語は読書がお薦め。がんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ