受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 サレジオ学院中学校

七転八起

Y.Sくん

 運命の2月3日、ぼくは午前中に試験を受けた後、それまでの結果を伝えられました。結果はなんと2勝1敗。2校からは合格を頂くことができましたが、1日に受けて自信のあったサレジオ学院中には落ちてしまいました。でも、サレジオは明日もう一度チャンスがあると気持ちを切り替え、4日に備えました。
 そして迎えた2月4日は「合格してやる」と意気込み、試験に臨みました。しかし、算数の問題でつまずいてしまいました。試験が終わると悔しさがあふれてきました。不合格だと確信していましたが、翌日に伝えられた結果は「合格」でした。そのときは、生まれてからいちばんうれしかったです。学校に合格証をもらいに行くと、在校生の人たちが拍手をしてくださったのも、とてもうれしかったです。
 ぼくがサピックスに入室したのは、3年生の夏でした。そのころは、先生方の明るくおもしろい授業とシール集めのために通っているようなものでした。
 4・5年生になると、偏差値が少しずつ安定してきて、6年生になると上から2番目のクラスに入ることができました。しかし、新型コロナウイルス感染症が流行し、サピックスでは対面授業がなくなり、動画配信やオンラインでの授業になってしまいました。ぼくはなかなか新しい環境に慣れることができず、成績が下がってしまいました。そして、ようやく対面授業が再開されると、ぼくの成績は少しずつ回復していきました。そして、最後のサピックスオープンでは、苦手だった理科で好成績を収められました。
 受験生に伝えたいのは、「基礎力トレーニング」を毎朝しっかりすることと、「コアプラス」や「漢字の要」を計画的に行うことです。もちろん、授業の復習などもしっかりと行いましょう。
 最後に、これまで支えてくださった両親、先生方、本当にありがとうございました。受験生の皆さん、がんばってください!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ