受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 聖光学院中学校

ぼくの受験体験記

S.Sくん

 ぼくは、新4年生の2月にサピックスに入室しました。そのころは入試のことはまったく考えられず、指示された家庭学習をただこなしていただけでした。しかし、だんだん得意の算数で点数が取れなくなり、マンスリーテストの結果も悪くなってきました。さすがにまずいと思ったぼくは、体力の限界まで勉強するようになりました。すると、算数の調子が戻って、偏差値が50台→60台→70台と上昇し、マンスリーテストで満点を取ったときは、なんと80台にまで上がりました。
 けれども、また調子に乗って勉強をしなくなってしまい、6年生の夏休み前のテストでは、見たこともないような悪い成績を取ってしまいました。また、さすがにまずいと思い、今度は体力の限界を超えて、机の上で寝るまで勉強するようになりました。
 6年生の夏期講習は授業内の得点でクラスが変わるのですが、どんどん上のクラスに上がっていき、そのまま努力を続けました。
 秋になって、SS特訓やたくさんのテストを受けるようになりましたが、そのままがんばり続けたところ、ついに勉強の高度経済成長期を迎えました。クラスもいちばん上になり、算数は校舎内でトップになったこともありました。
 「このままいけば大丈夫だ」と思ったのですが、12月ぐらいに体調が悪くなって、勉強時間が減ってしまいました。そして、冬期講習でも成績が下がったまま、受験本番を迎えることになってしまいました。
 開成中と聖光学院中の1回目の試験には落ちてしまい、そのときはとてもショックでしたが、ドラえもんの漫画を読んだら、立ち直ることができました。そして、「これが最後だ」と思ってがんばった聖光学院の2回目の試験では合格することができました。掲示板で自分の番号を見つけたときはうれしかったです。やはり、努力は大事だと思いました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ