受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 巣鴨中学校

中学受験をしてよかった

A.Sくん

 ぼくがサピックスに入るためのテストを受けたのは新4年生の春です。そのテストを受けたときは緊張していて、入室できるか心配でした。テストが終わった後は、体験授業で算数の問題を解きました。ぼくは算数が好きだったので、家に帰るまでやっていました。初めて1人で塾に通うことになったときは、道を間違えないか心配でしたが、ちゃんと行けてよかったです。
 最初は真ん中くらいのコースから始まったけれど、テストの成績が悪くなったので、下から2番目のコースまで落ちて、その付近をさまようようになりました。しかし、4年生の夏ごろに集中して父と算数に取り組んだため、成績が上がり、真ん中より上のコースにまで上がることができました。けれども、そこで気を抜いてしまい、下から2番目のコース付近を1年間さまようことになりました。そのときは、塾をやめようと思いましたが、親に「もうちょっとがんばろう」と言われたので続けて、勉強を少しずつやるようになりました。
 6年生の夏にはゲームを手放しました。すると、どんどん成績が上がり、真ん中くらいのコースにまで行けるようになりました。でも、苦手な社会が足を引っ張っていたので、社会の「コアプラス」を定期的にやるようにしました。ぼくがサピックスで良いと思ったのは、授業のテストの点数が良いとコースが上がり、点数が悪いとコースが下がることです。
 そして、正月特訓も力になりました。最初は、時間が長くてつらいと思いましたが、もうすぐ受験が終わると思ったら気が楽になりました。中学受験当日は30分前には学校に着き、持っていったものを使って勉強をしていました。合格発表のときは、すごく緊張していて、合格したとわかったときはとてもうれしかったです。1月は、うまくいったと思いました。2月は、チャレンジ校が多く、問題もすごく難しかったです。それでも、本番では、すべてをテストにぶつけました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ