受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 高輪中学校

最後まで一心不乱

K.Iくん

 ぼくは3年生の夏期講習からサピックスに通っていました。そのころは、いちばん下のコースかその上を行き来していました。それで3年生は終わってしまい、受験をまったく意識していませんでした。4~5年生になってもこの調子で、真ん中より少し上か下で過ごしていました。でも、6年生になると行きたい中学校が決まり、本格的に受験を意識して勉強を進めていきました。最初のテストでは、真ん中より少し上のコースに入ることができましたが、3月くらいから新型コロナウイルス感染症の影響でサピックスに行けなくなり、学習のモチベーションを保てなくなりました。勉強では、得意な分野だけをやるという悪い習慣ができてしまい、休講明けのテストでは下位コースに戻ってしまいました。そのため、先生に相談したら、「基礎を固めるとよい」と教えてもらったので、毎日「基礎力トレーニング」「漢字の要」「コアプラス」などで基礎力の強化に努めたところ、夏期講習では元のコースの近くまで戻れました。しかし、そこで応用問題をたくさんやり、基礎をおろそかにしたので、夏期講習明けのテストではまた下位コースになってしまったのです。それから、再度基礎固めをしましたが、そう簡単にはコースは変わらず、入試までを下位コースで過ごしました。
 そして、冬期講習や正月特訓が終わり、ついに2月1日を迎えました。その日も朝は、「基礎トレ」をしてから入試会場に向かいました。しかし、午前・午後とも不合格。このことを引きずったまま2日、3日も不合格になり、とてもつらかったです。それでも3日の夜、いつも質問教室などで教わっていた先生から激励の電話があり、とても励みになりました。4日の入試では、ほかの受験生の目が疲れていて、「ぜったいに負けないぞ」と思いました。試験は国語ができなかったものの、算数や理科で図や式をかいて問題を解いたことが合格につながりました。また、この受験であきらめないことの大切さを学びました。
 皆さんもがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ