受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 桐朋中学校

信頼できる先生と仲間

T.Nくん

 サピックスの授業はおもしろく、また切磋琢磨できる友だちがいたことで、楽しく通えました。志望校が同じ友だちとはライバルでもありますが、最後の授業の日には「一緒に海城中に行こう」と約束しました。
 そのときには、寂しい気持ちと受験への強い気持ちが生まれました。でも、海城中には落ちてしまい、強い罪悪感を抱きました。友だちとはけんかもしましたが、わからない問題を教え合ったりもしました。今では良い思い出です。
 先生方は、質問教室で疑問点に答えてくれたばかりか、志望校の相談にも乗ってくれて、適切なアドバイスがもらえました。
 ぼくが質問教室に行くと(6年生のとき)、先生は毎回解き方を教えてくれて、理解できているか聞いたりもしてくれました。国語が苦手だったので、先生に相談してそのアドバイスに従ったところ、国語の成績が上がりました。その結果、受験校の過去問は、ほとんど合格者平均点を上回るようになり、自信もつきました。
 1月入試は栄東中から始まりました。栄東中には合格したので、その勢いで渋谷幕張中に臨み、「合格できる」と思って発表を楽しみにしていましたが、不合格となってしまいました。悔しさで泣いていましたが、先生からのことばにより、2月入試へと気持ちを切り替えることができました。1日は、友だちと合格を誓った海城中の受験でしたが、不合格となり、ことばが出なくなりました。しかし、そのときも先生からのことばに救われ、次の受験へと気持ちを切り替えることができました。そのおかげか、2日に受験した桐朋中には合格し、うれしかったです。希望していた中学の一つに入学が決まり、安堵しました。
 最後に、ぼくからのアドバイスです。

①授業にはとにかく集中!

 間違えた問題は、授業中に理解する。

②すぐ質問教室に行く!

 家庭学習でわからない問題があったときは、ためらわずに質問教室に行く(むやみやたらには行かない)!

③5年生の内容が大事!?

 6年生が最も大事と思う人もいるかもしれませんが、6年生では、既習の知識を用いての問題演習が主となります。そのため、5年生の内容を確実に身につけることが重要です。ぼくはこれを実感しました。
 最後まであきらめずに、がんばって合格をつかんでください。
 祈・合格!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ