受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

走り抜いたサピックスでの日々

T.Aくん

 サピックスでの刺激的な授業は、小学生のぼくに勉強の「苦痛」を感じさせませんでした。個性豊かな先生方の指導はとても楽しく、ぼくに自然と「勉強癖」をつけてくれたのです。
 新入室者も多い4年生の春、ぼくは初めて最上位クラスから落ちました。算数での問題の読み間違いに気づき、ほかの教科にまで引きずってしまったのです。その日は悔しくて、帰り道で泣いてしまいましたが、母はそんなぼくを励まし、逆に、それを糧に強くなれるよう、うまく「自信」へと変えてくれました。努力を重ねて、次のテストでは返り咲いただけでなく、早いうちに悔しさを味わったことで、その後も穴のない学習が続けられました。
 5年生からは先生が入れ替わり、慣れない授業で最初は戸惑いました。学年が上がると、「厳しさ」がぐっと増し、より味わい深い「刺激」が加わりました(笑)。特に受験が目前に迫った時期には、社会はほかの先生だと「物足りなく」感じるほどでした。意欲を持って深く考え、学ぶ姿勢をいつも教えてくれていたことを、まさに実感していました。
 6年生の後期からはSS特訓、過去問演習で志望校を強く意識するようになりました。SS特訓では実力を出し切り、当たって砕ける「意地」を見せること、過去問では時間配分や心構え、得点に結びつける技、出題傾向を考え、学習に生かしました。実際、ぼくは、入試本番でリズムに乗れないとき、SS特訓の問題を解く感覚でやってみたら、すぐにリズムをつかめたので、積み重ねた演習は必ず武器になります。
 入試当日まで走り続ける気力と、焦らず問題を最後まで解き切る実力を養えたのは、サピックスの先生方の指導や家族のサポートのおかげです。ありがとうございました。
 後輩の皆さん、サピックスを信じてがんばれ! 祈☆合格。筑波大附駒場中で待っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ