受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

逆転合格への道

Y.Hくん

 2月5日、筑波大附駒場中の合格発表のホームページに自分の番号を見つけたとき、驚き、喜び、感謝などいろいろな心境のなか、ぼくの受験生活は、終わりを告げた。努力が苦手な、気まぐれタイプであるが故に、山あり谷ありのジェットコースターのような成績だったぼくが最高の結果を迎えられたのは、自分なりに次のことを心がけたからだと思う。

①2番目に大事なこと(1番目は後ほど)。授業は絶対に集中すること。ぼくは、家庭学習を楽にしたい一心で授業に臨んでいた。授業で完結する意志を持とう。

②3番目に大切なこと。適度な休みをとる。集中せずにやっても意味がないと思う。ぼくの場合、好きな野球をして切り替えた。

③テスト結果は気にし過ぎない。だが、テスト直しは重要。余談だが、ぼくは最後の筑駒の学校別サピックスオープンで合格可能性が20%にまで落ちた。これが危機感を感じるきっかけになり、合格につながったと思う。必要以上に落ち込まない。

④問題に対して「欲」を持ち続け、あきらめずに最後まで手を動かす。

⑤質問教室はうまく活用しよう。と言いつつ、ぼくは行ったことがない。後悔がある。

⑥苦手はなくそう。ぼくは知識を頭に入れるのが苦手だったが、結局、基礎知識は大切だと思う。4教科においても、苦手はつくらないようにしよう。

⑦失点の原因など己を知る分析力を持とう。ぼくは最後までケアレスミスに苦しみ、問題をていねいに読むことを心がけた。

⑧どんなときも問題を楽しむ心の余裕と、自分への自信を持とう。

 最後になってしまったが、いちばん大切なことは、応援してくれた先生、切磋琢磨した友だち、支えてくれた家族など周りの人への感謝を忘れないことだと思う。
 本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ